日本のコロナ感染が少ない「理由」はこれ? 驚きの説に世界が腰抜かす=中国メディア 

日本のコロナ感染が少ない「理由」はこれ? 驚きの説に世界が腰抜かす=中国メディア 
中国メディアは、新型コロナウイルスの感染に関して日本のテレビ番組で紹介された情報が、世界のネット上である「チャレンジ」の波を引き起こしたと報じた。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国メディア・東方網は25日、新型コロナウイルスの感染に関して日本のテレビ番組で紹介された情報が、世界のネット上である「チャレンジ」の波を引き起こしたと報じた。

 記事は、21日に日本のテレビ局のワイドショー番組のなかで、日本で新型コロナウイルスの感染者が少ない理由として「日本語の発音が英語よりも飛沫が拡散しにくい」という説を取り上げたと紹介。その検証シーンでは、白いティッシュペーパーを前に「これはペンです」「This is a pen」とそれぞれ発音し、日本語よりも英語の方が「ペン」を発音した時にペーパーが大きく動く様子が紹介されたと伝えている。

 そのうえで、日本のネットユーザーの間でこの説や実験方法が話題となり、「日本人のイメージダウンになり、恥ずかしい」などといったコメントが寄せられたとした。さらに、日本のみにとどまらず海外にもこの情報が拡散すると、海外のネットユーザーたちの間でわざと強く「ペン」と発音して紙を大きく揺らしたり、吹き飛ばしたりする「This is a penチャレンジ」が流行り出したとした。

 また、「This is a pen」と発音すると物が吹っ飛んだり、地球が爆発したりなど、茶化したようなコラ画像やイラストも日本の国内外で数多く出現したと伝えた。

 中国語の発音練習をする際、口の前に下げた紙に息を当てて確認することがしばしばある。これは、中国語の子音では発音時に息が勢いよく出る「有気音」と、出ない「無気音」があるからだ。「有気音」では口の前の紙を勢いよく揺らそうとするが、それはあくまで練習だから。日常的に紙が吹き飛ばんばかりの勢いで発音しているわけではない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
中国市場で品質に定評のある変速機メーカー5傑、2つは日本=中国メディア 
日本の「卵焼き」、単に卵を焼いただけのものではなかった!=中国メディア 
日本のコンビニ、「コロナ後」に大きく変わる可能性=中国メディア 
何でも欲しがる子どもへの、日本のママの対処法がすごい=中国メディア 
「アート」な雰囲気に満ちた日本の街5選=中国メディア

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月27日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。