宮崎アニメを古来からある日本的な価値観から読み解くと・・・=中国メディア

 中国でも大人気の日本アニメだが、いまだに根強い人気を持つのが「宮崎アニメ」。若いアニメファンでも必ず一度は目にする宮崎作品について、中国メディア澎湃が「日本の古来からの価値観」と言う観点から掘り下げている。

 記事は、いくつかのキーワードとともに、宮崎アニメを分析している。その一つ目は「男性中心社会」。「日本は古来から男性中心社会。そのため日本人は女性に対し、穢れと神聖さ、優しさと高潔、嫉妬と復讐という、相反する観点からとらえている」と分析。そのため「女性・少女を主人公」とする「風の谷のナウシカ」や「となりのトトロ」では、抑圧される立場の女性が持つ不安感が描写されている。そうした背景の中で、主人公たちが精神的に自立し、勇気をもって困難に立ち向かう姿が感動的に描かれている。「天空の城ラピュタ」中でも多くの女性が登場するが、強くたくましく、そして時には男性にも物怖じせず立ち向かう姿が魅力的に描かれているのもそうした背景によると解説している。

 さらに、もう一つのキーワードは「もののあはれ」。自然の移ろいや人生の機微にふれたときに感じる情趣を指すこの価値観は、宮崎アニメを語るうえで欠かせないキーワードだ。宮崎アニメの主人公たちは、時の移ろいとともに展開するストーリーの中で、懸命に生きようとする。人々が困難に立ち向かいながら生きるさまを、俯瞰しつつも温かいまなざしで見守るような宮崎アニメの視点には、この「もののははれ」という価値観が反映されている、と解説している。

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月26日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。