日本の病院のトイレを見て「中国の病院に足りないものが見えた」=中国

 中国は世界第2位の経済大国であり、以前に比べるとはるかに豊かになったが、国民が受けられる医療サービスの質となると日本からかなり遅れているという。中国メディアの騰訊は5日、日本の病院のトイレを見て初めて「中国の病院に足りないものが見えた」と論じる記事を掲載した。

 この記事が指摘している「中国の病院に足りないもの」や「格差」とは、先端技術ではなく「患者が受けられる医療サービスの質」のことだという。中国の病院には「サービス」の概念が全くないと言っても過言ではなく、三甲病院(医療レベルが最も高い病院)でさえ「トイレにはトイレットペーパーがない」のが現状と苦言を呈している。この点で患者を大切にしてくれる日本の病院とはずいぶんと違うようだ。

 なぜ中国の病院には、トイレットペーパーさえないのだろうか。記事によると利用者からは不満が噴出しているというが、ある院長は、トイレットペーパーを備えつけておくと「ロールごと持ち去る利用者の民度の低さ」を言い訳にしたという。またある三甲病院の院長は、「病院に快適さを求めるなどぜいたく過ぎる。医療が受けられるだけありがたく思え」と言い放ったとし、「患者を見下す態度が骨の髄にまで染みている」と批判した。

 では日本の病院はどうなのだろうか。記事は「トイレを見ればわかる」と紹介。トイレットペーパーがあるのは言うまでもなく、小児科では子ども向けの明るい色彩にしていること、オストメイト対応や、車いすでも利用できるトイレ、呼出ボタン、擬音装置、荷物や杖を置く場所などがあると感心している。日本では病院でなくても公共の多目的トイレでも同様の設備はあるが、中国では病院にさえないというほうがむしろ驚きだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク