気遣いとは?意味や気遣いができる人の特徴、具体的な言葉の例も

気遣いとは?意味や気遣いができる人の特徴、具体的な言葉の例も
拡大する(全7枚)

気遣いができる人って素敵ですよね。気遣いとは?心遣いとの違いは?英語や類語などの基本的なことから、気遣いができる人の特徴まで、気遣いについてコミュニケーションコンシェルジュの吉田正美さんに教えてもらいました。「痛み入ります」や「お気遣いをありがとうございます」といった、相手による気遣いの言葉の違いも例文を交えてご紹介します。

気遣いとは?心遣いと何が違うの?

気遣いとは?意味や気遣いができる人の特徴、具体的な言葉の例も


気遣いとは、あれこれと「気を使う」こと。神経を使って相手に何かをしたり、言ったりして、相手のことを気に掛けていることです。同じような言葉に、「配慮」「心配り」「気配り」などがあり、英語では「considerate」と言います。

混同しやすい心遣いとは、ベクトルが自分にあるか、相手にあるかという違いがあります。自己満足とか相手に良く思われたいといった、自分本位の思いが根底にある気遣いに対して、心遣いは心から相手を思う誠心誠意の気持ちがベースにあります。心遣いの方がより丁寧で、気持ちのウエートも大きいですね。

気遣いができる人の特徴

気遣いとは?意味や気遣いができる人の特徴、具体的な言葉の例も


気遣いができる人にはどんな特徴があるのでしょうか。

気が利く
視野が広く、気が利くので、周りの人を幸せな気持ちにしてくれます。

例えば職場だったら、上司に「お子さんは今年が卒業ですね。おめでとうございます」と相手の情報を覚えていて、さりげなく伝えることができます。その上司は覚えてくれていたことを嬉しく思うでしょう。

いつも機嫌がいい

この記事の画像

「気遣いとは?意味や気遣いができる人の特徴、具体的な言葉の例も」の画像1 「気遣いとは?意味や気遣いができる人の特徴、具体的な言葉の例も」の画像2 「気遣いとは?意味や気遣いができる人の特徴、具体的な言葉の例も」の画像3 「気遣いとは?意味や気遣いができる人の特徴、具体的な言葉の例も」の画像4
「気遣いとは?意味や気遣いができる人の特徴、具体的な言葉の例も」の画像5 「気遣いとは?意味や気遣いができる人の特徴、具体的な言葉の例も」の画像6 「気遣いとは?意味や気遣いができる人の特徴、具体的な言葉の例も」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

セキララゼクシィの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

女性コラムニュースランキング

女性コラムランキングをもっと見る
お買いものリンク