今、キューバの野球選手が続々と海を渡っている理由

アンダーソン(巨人)、ベタンコート(オリックス)、ミランダ(日本ハム)など、日本球界で活躍するキューバ人の“亡命選手”たち。

それに加え、この5月にはキューバ政府公認の新制度を利用して、セペダ(巨人)、グリエル(DeNA)のスター選手2名が日本球界入りした。なぜ今、キューバ人選手は海を渡るのか?

***

1990年代以降、キューバの有力選手たちは相次いで亡命し、メジャーへ挑戦してきた。最も大きな理由は、やはり金銭的な魅力である。野球のグローバル化と、それに伴う選手の移動を描いた『ベースボール労働移民』(河出書房新社)の著者である石原豊一(とよかず)氏は次のように語る。

「強く印象に残っているのが、キューバが優勝した2004年のアテネ五輪後、選手たちが自らのユニフォームを売っていたことです。彼らはそれくらいお金に困っている。国外に出て大金が稼げるチャンスがあるのなら、動くのは当然だと思います」

国内リーグの選手は国家公務員という立場で、月給はごく一部を除けばトップレベルでも数千円という話もある。

一方、例えば世界最速の169キロ左腕として日本でも有名なアロルディス・チャップマンは2010年、シンシナティ・レッズと6年総額3025万ドル(約31億円)の大型契約を結んだ。これがほかの選手たちにも魅力的に映らないはずがない。

亡命を決行する際に重要な役割を果たすのが、選手たちをスカウトするエージェント(代理人)の存在だ。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年5月22日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。