現役引退したフェルナンド・トーレスにセルジオ越後「サガン鳥栖はトーレス獲得で夢を持たせた。でも彼を生かしきれなかったね」

現役引退したフェルナンド・トーレスにセルジオ越後「サガン鳥栖はトーレス獲得で夢を持たせた。でも彼を生かしきれなかったね」

ピッチ上で生かすところまではいかなかったのは大きな反省材料と語るセルジオ越後氏

昨年7月に鳴り物入りで鳥栖に加入したフェルナンド・トーレスが現役を引退した。日本での成績は35試合で5得点。下位に低迷するチームにあって目立った結果を残せず、周囲から寄せられる大きな期待に応えられなかった。

すでに35歳、キャリアのピークを過ぎていたとはいえ、本人ももう少し活躍できると思っていただろう。ずっと歯がゆさを感じていたに違いない。

そして、スパッと現役を辞める決断をした。ファンやメディアから批判を受けていたわけではなく、自分から辞めると言わなければ、ダラダラと現役を続けて高給をもらうこともできた。ただ、それは彼のプライドが許さなかったということ。プロ意識の高さはさすがだと思う。

鳥栖は大金を投じ、よく世界のトッププレーヤーを連れてきた。観客動員数は増えて、Jリーグ自体の注目度も上げた。ただ、大物を呼んで夢を持たせるところまではよかったけど、ピッチ上で生かすところまではいかなかった。それは大きな反省材料だ。

ストライカーのトーレスはゴール前でこそ持ち味を発揮する選手。実際、いいボールが来れば、迫力のあるプレーを見せてくれた。でも、そうした機会はあまりにも少なかった。鳥栖の中盤にいいパスを出す選手がいなかったからだ。その結果、トーレスが守備に走り回ったり、チャンスをつくる役割をこなすことも多かった。

在籍1年で監督が3度も交代。戦術の定まらないチーム状況にも足を引っ張られた。誠実で温厚な人柄と聞いているけど、今季は審判にクレームをつける場面も目についた。それだけストレスを感じていたのだろう。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2019年9月5日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら