「セキュリティは不十分」 情報セキュリティ専門家が指摘するキャッシュレス社会の落とし穴

「セキュリティは不十分」 情報セキュリティ専門家が指摘するキャッシュレス社会の落とし穴

落ち着きを見せつつある仮想通貨ブーム。
ブロックチェーンに対するセキュリティ面でのリスクが指摘され、実際に非現実的とされた「51%攻撃」が起きるなど、被害が顕在化している。

その一方で広がりを見せているのが電子マネーによるキャッシュレス決済だ。しかし、こちらも一部のサービスで不正アクセスによる被害が起こり、大きな問題となった。

キャッシュレス社会の達成に必要不可欠な「完全に安全」な暗号技術、そして暗号貨幣は作ることができるのか?
それに挑んでいるのが、元マサチューセッツ工科大学(MIT)客員研究員で(一社)情報セキュリティ研究所長の中村宇利氏であり、その研究・開発の全容を明らかにした一冊が『「暗号貨幣( クリプトキャッシュ )」が世界を変える!』(集英社刊)だ。

仮想通貨とは全く別の文脈で研究が進められてきた暗号技術。今後、法整備の部分も含めて議論は必要だろう。しかし、それと同時に新たな未来を予感させるものだ。今回、中村氏にこの本についてお話をうかがった。

(新刊JP編集部)

■「ブロックチェーンは思われているほどしっかりした技術ではない」――これまで日本はキャッシュレス決済後進国と言われてきましたが、近年はその風向きが変わってきているように感じます。特に最近はアプリによるスマホ決済が広がっていますが、「7pay(セブンペイ)」が不正アクセスに遭い、セキュリティ面の問題が指摘されています。中村さんはスマホ決済についてどのように見ていらっしゃいますか。

あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「セキュリティは不十分」 情報セキュリティ専門家が指摘するキャッシュレス社会の落とし穴」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    完璧なセキュリティなんて不可能、現金だって盗まれたり紛失する恐れがある。

    1
  • 匿名さん 通報

    都会ではとても便利なサービスだが、田舎や人が居ない様な場所では使い勝手がどうかな?それに災害時や停電時、スマホの故障などのアクシデントで使えなくなったらアウト。

    0
  • 匿名さん 通報

    ハイテクは電気が落ちたり、機器が故障するとどうにもならない。KIOSKの売店のお姉さん達のようにお金の計算を暗算でやってのける人たちには敬意を払いたい。

    0
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月2日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。