日本はなぜ「JAPAN」と呼ばれるようになったのか?

日本はなぜ「JAPAN」と呼ばれるようになったのか?

日本の国名や地名は、どのような変遷をたどって現在の呼ばれ方になったのか。また、日本という国名もどのようにして「JAPAN」という呼び方になったのか。

日本史から国名や地名の謎を紐解いていくのが『日本史が面白くなる「地名」の秘密』(八幡和郎著、光文社刊)だ。本書では、歴史家の八幡和郎氏が、国名、地名の成り立ちの謎を地図や図表を用いてわかりやすく紹介する。

■日本はなぜ「JAPAN」と呼ばれるようになったのか。

まずは、どのようにして「日本」という国名が使われるようになったのか。

日本という国名がない頃は、「倭国」と書き、「ヤマト」と呼んでいたことは多くの人がご存じだろう。これは当時の政治を担う権力者たちの出身地にちなんで付けられた名前。しかし、出身地方名を国の名前にするのはどうか? となり、「日出ずる国」「日のもと」と呼び方が変わる。この「日出ずる国」の意訳で「日本」という漢字を使い、中国南北朝時代の南朝における「呉音」読みで、「ニッポン」「ニホン」と呼ばれるようになったという。

では、日本がなぜ「JAPAN」に呼ばれるようになったのか。
本書によれば2つの推測があるという。

1つ目は、中国の読み方からジャパンと呼ばれるようになったという説だ。
「日」という漢字は、中国の隋の時代の人たちにとって、「漢音で「ジツ」と発音したほうが呼びやすのだという。さらに、現代中国では日本を「リーベン」と「ジーベン」の中間で発音する。この読み方をマルコ・ポーロなどが「Cipangu(ジパング)」と書き、ジャパンにつながっていったという説。


あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月17日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。