「韓国につける薬はない」倉山満氏インタビュー

「韓国につける薬はない」倉山満氏インタビュー
       
 反日教育、領土問題など日本にとって“困った隣人”である韓国。日本でもインターネットを中心に嫌韓の声があがるなど、一大トピックとなっている。

 そんな韓国のことを「頭の中がファンタジー」と評し、正しい歴史認識から韓国の本質に迫った倉山満氏の著書『嘘だらけの日韓近現代史』(扶桑社/刊)が大きな反響を呼んでいる。
 新刊JPニュースでも講演会のレポート記事を配信したが、今回は講演会が終わったばかりの倉山氏にお話をうかがうことができた。
 “哀れな隣人”の狙いとは? そしてそれに対して日本はどうすればいいのだろうか?
(新刊JP編集部)

  ◇     ◇     ◇

―本日は講演会お疲れさまでした。ご感想からお願いできますか?

「満員だったことは本当にありがたいです。今、韓国は誰がやっても受けるネタなので、その分緊張感もありました」

―日米、日中ときて日韓。ただ、今回だけクレームが届いたそうですね。

「そうなんです。声をあげれば何とかなると思っているのでしょうけど、それを他の国ですると多分嫌われますよね。日本人は(そういうことをしてくる人も)嫌っちゃいけないと思いがちですが、嫌っていいんですよ。嫌いな者同士で付き合っていけばいいんです」

―朴槿恵大統領の反日政策が問題視されていましたが、日本人から見ると『異常じゃないか』と思うほどの徹底ぶりです。朴槿恵大統領の狙いはどこにあるのですか?

「これは脅されてやっていると思えば不思議ではないことです」

あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「韓国につける薬はない」倉山満氏インタビュー」の みんなの反応 584
  • 匿名さん 通報

    在日朝鮮人…強制送還法案決行。政治家、芸能人皆んな❗日本は平和に

    36
  • 匿名さん 通報

    韓国が大嫌いだ。

    20
  • 匿名さん 通報

    パヨク脳は救いようがないから、死ぬまで妄想してろ。一線を越えないようにな。既に日本人は我慢の限界に来ているからな。

    15
この記事にコメントする

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年12月26日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。