気鋭の若手作家の創作手法は「ドラマは避ける」

気鋭の若手作家の創作手法は「ドラマは避ける」
拡大する(全1枚)
 「泣かせる小説ならこの作家」「ミステリーならこの人」などなど、小説にはタイプによって代表的な作家がいるものだが、お題が「ヘンな小説」であれば、真っ先に名前が挙がるのが青木淳悟だろう。
 
 青木さんの最新作『学校の近くの家』(新潮社刊)では、杉田一善(小学5年生)の目から見た学校、友達、親、先生、地域が書かれるが、そこには冒険も事件もファンタジーもない。

ただ、もちろん「単なる日常」でもない。そもそも小学生の目を通せば「単なる日常」などというものは存在しないのだ。

 出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』。第78回は青木淳悟さんの登場だ。
(取材・構成/山田洋介、写真/金井元貴)

■前代未聞の「小学生小説」はドラマを避ける
――『学校の近くの家』は主に小学5年生の杉田一善の視点で語られます。私は昭和56年生まれの一善とほぼ同世代なので、読んで単純にすごく懐かしかったのと、小学生当時は言葉にしようと思っていなかった日常風景が活字になるとこれほど新鮮なのかという驚きを感じました。まずは、今回「小学生」を題材にした理由を教えていただけますか?

青木:担当編集者と「次は青春小説を書きたい」ということを話していて、当初は「主人公は中高生」と考えていました。

でも、ある時に村田沙耶香さんの『マウス』という、小学5年生の女の子を主人公にした小説を読んで、小学校の教室の風景だとか日常の描き方に非常に影響されまして、自分も小学生を書きたいと思ったんです。村田さんは女の子なので、僕は男の子バージョンでやってみようと。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク