横浜FMの山田康太、モンテディオ山形への完全移籍を発表「F・マリノスは僕の…」
拡大する(全1枚)
 横浜F・マリノスは24日、(モンテディオ山形へ期限付き移籍中の)MF山田康太が、モンテディオ山形へ完全移籍することが決定したと発表した。

 現在22歳の山田は横浜F・マリノスの育成組織出身で、2018シーズンにトップチーム昇格を果たした。その後、名古屋グランパス水戸ホーリーホックでのプレーを経て、2021シーズンにモンテディオ山形へ期限付き移籍で加入。同シーズンの明治安田生命J2リーグ全試合に出場し8ゴールを挙げる活躍を見せている。

 山田は選手キャリアの原点である横浜F・マリノス退団に際し、クラブ公式サイトでサポーターへコメントを残している。

「このたび、モンテディオ山形に完全移籍することになりました。F・マリノスは僕のすべてです。小中高とお世話になり自分の人生の中でも1番多くの時間を過ごしたのがF・マリノスでの生活です。プロとしてのキャリアをF・マリノスでスタートできたことを今でも嬉しく誇りに思っています。そんな大好きなクラブに対して、自ら離れる決断をすることは簡単ではなかったです。ですが、『今の自分には何が必要でこの先どうなりたいか』を真剣に考えた時にこのような選択になりました。どこに行っても僕にとってF・マリノスが特別なクラブであることは一生変わりません。なので、僕がどこに行っても応援してもらえると嬉しいです。考えたくもないですが、次は敵として会うかもしれなくなりました。その時はしっかり山田康太のプレーを魅せたいと思います! F・マリノスが大好きです。長い間本当にありがとうございました!!」