ニチレイフーズ “炒めてきた時間は、誰にも負けない。”「本格炒め炒飯」発売20周年、冷凍炒飯に正面から向き合う〈ブランドの創りかた〉

記事まとめ

企業名と商品名をセットで認知してもらうことが課題〉
20年連続売上げナンバー1という「本格炒め炒飯」だが、渡辺氏は「認知はまだまだと思っている」と話す。

「購買率はまだ高いといえるレベルではない。認知度調査でも、誰もが日常で目にし、購入経験のあるお菓子や加工食品のTOPブランドレベルまでは先が長い。しっかりニチレイの『本格炒め炒飯』と、いかに企業ブランドと商品ブランドをセットで覚えてもらえるかを大きなテーマにしている」。

冷凍食品は、あらゆるカテゴリー・メニュー(商品)の集合体であるため、商品選択基準が“から揚げ”“炒飯”といったカテゴリー・メニュー基軸になりやすい。そのため、企業名や単品のブランドが立ちづらいという課題がある。「我々は本質を追求し、おいしさを高めていこうという、ものづくりをしているので、企業ブランドと商品ブランドをセットにして伝えていく必要がある」(渡辺氏)という問題意識だ。

「本格炒め炒飯」でも企業ブランドを隠して、どこの商品かを答えてもらうと、間違える人が結構多いという。冷凍食品には赤いパッケージカラーが多く、企業名を意識してもらう活動を特段行っていなかったことなども要因と考えられる。「企業名と商品名がつながれば、例えばテレビCMが確実に当社の売り上げにつながるなどの効果が期待できる。今はまだ取りこぼしが多い」(渡辺氏)。

2019年からメーンスポンサーとして協賛している「全国高等学校ダンス部選手権」のタイトルには「POWERED BY ニチレイ『本格炒め炒飯』」と記載している。

この記事の画像

「ニチレイフーズ “炒めてきた時間は、誰にも負けない。”「本格炒め炒飯」発売20周年、冷凍炒飯に正面から向き合う〈ブランドの創りかた〉」の画像1 「ニチレイフーズ “炒めてきた時間は、誰にも負けない。”「本格炒め炒飯」発売20周年、冷凍炒飯に正面から向き合う〈ブランドの創りかた〉」の画像2

当時の記事を読む

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク