海外のクリスマスの過ごし方~後編~
拡大する(全9枚)

海外のクリスマスの過ごし方~後編~の画像はこちら >>

前回は英語圏のクリスマスの過ごし方をご紹介しました。
今回はフランス、イタリア、スペイン、ドイツ、オーストリアのヨーロッパ5ヵ国のクリスマスについてご紹介します!

それでは、どのようなクリスマスを過ごすのか、見ていきましょう♪

フランス

海外のクリスマスの過ごし方~後編~

フランス人にとってクリスマスは1年の中でも大切な日であり、家族や親戚と過ごすためクリスマス前は帰省する人が多いです。
フランスの各都市でイルミネーションやクリスマスマーケットが開催され、お店ではクリスマスギフトが販売されます。

クリスマスディナーもこだわりがあり、前菜からシーフードの盛り合わせやメインのターキー、チキンやローストビーフ、デザートにはブッシュドノエルというケーキなどが用意されます。
クリスマスシーズンだけ販売されるパピヨットというチョコレート菓子があります。金や銀などのきらきらした包装紙にキャンディーのように包まれており、中には名言やことわざなどが書かれた白い紙が入っているユニークなお菓子です。

イタリア

海外のクリスマスの過ごし方~後編~
イタリアでも各地でクリスマスマーケットが開かれ、とても賑わいます。キリスト教・カトリックを信仰している国民が全体の8割というイタリアではクリスマスはとても特別な日と言えるでしょう。

クリスマスと言えばクリスマスツリーですが、イタリアでは"プレゼーペ(プレゼピオ)"というキリストの生誕を再現した箱庭のような置物も飾られます。手作りする人が多く、どれも精巧に作られています。
プレゼーペは聖母マリアの胎内にキリストが宿ったとされる12月8日から1月6日の公現祭(3人の博士がキリストに会いに行った記念日)まで飾られます。クリスマスのデコレーションやツリーも1月6日まで飾ってあることがほとんどです。


この記事の画像

「海外のクリスマスの過ごし方~後編~」の画像1 「海外のクリスマスの過ごし方~後編~」の画像2 「海外のクリスマスの過ごし方~後編~」の画像3 「海外のクリスマスの過ごし方~後編~」の画像4
「海外のクリスマスの過ごし方~後編~」の画像5 「海外のクリスマスの過ごし方~後編~」の画像6 「海外のクリスマスの過ごし方~後編~」の画像7 「海外のクリスマスの過ごし方~後編~」の画像8
「海外のクリスマスの過ごし方~後編~」の画像9