転倒必至な床で「生きる!」を実感。賃貸物件『三鷹天命反転住宅』の暮らし

転倒必至な床で「生きる!」を実感。賃貸物件『三鷹天命反転住宅』の暮らし
拡大する(全15枚)

凸凹の床に傾斜した天井。球状の部屋があれば、まっすぐ立てない洗面所もある。一般的な住まいとはどこもかしこも違うが、れっきとした住居であり、芸術作品でもあるのが、ここ「三鷹天命反転住宅 イン メモリー オブ ヘレン・ケラー」(東京都三鷹市)だ。なぜ、このようなつくりなのだろう? 入居者はどんな暮らしをしているのだろうか?

足で踏み、手で触れ、音を聴く。感覚も身体も、楽しめる空間

「カラフル」という形容詞以上の言葉を探してしまうほど、色使いが目を引く建物。色だけではなく造形も独特で、円と角を組み合わせて積み上げた形に、一体、中はどうなっているのだろうかと好奇心が掻き立てられる。幹線道路に面していて、道ゆく人は二度見ならぬ三度見もするし、駅から歩いてくれば、かなり遠くからでもその存在が目に入るだろう。「三鷹天命反転住宅 イン メモリー オブ ヘレン・ケラー(以下 三鷹天命反転住宅)」は、それくらい印象的な外観だ。

転倒必至な床で「生きる!」を実感。賃貸物件『三鷹天命反転住宅』の暮らし

円と角が重なった外観。色使いはもちろん、窓の組み合わせからも楽しい雰囲気が伝わってくる(写真撮影/相馬ミナ)

竣工は2005年。芸術家/建築家の荒川修作+マドリン・ギンズによって設計された。2人が手がけた作品は国内は岐阜県(『養老天命反転地』)と岡山県(『「太陽」の部屋 ≪遍在の場・奈義の龍安寺・建築する身体≫』)にも存在するが、ここが他と異なるのは「住居である」ということ。鑑賞や体感を目的とした作品とは違い、住まいとして使うことを考えられて設計された9戸の集合住宅なのだ。うち5戸は実際に賃貸であり、2戸は見学用や別の用途に使われているという。


この記事の画像

「転倒必至な床で「生きる!」を実感。賃貸物件『三鷹天命反転住宅』の暮らし」の画像1 「転倒必至な床で「生きる!」を実感。賃貸物件『三鷹天命反転住宅』の暮らし」の画像2 「転倒必至な床で「生きる!」を実感。賃貸物件『三鷹天命反転住宅』の暮らし」の画像3 「転倒必至な床で「生きる!」を実感。賃貸物件『三鷹天命反転住宅』の暮らし」の画像4
「転倒必至な床で「生きる!」を実感。賃貸物件『三鷹天命反転住宅』の暮らし」の画像5 「転倒必至な床で「生きる!」を実感。賃貸物件『三鷹天命反転住宅』の暮らし」の画像6 「転倒必至な床で「生きる!」を実感。賃貸物件『三鷹天命反転住宅』の暮らし」の画像7 「転倒必至な床で「生きる!」を実感。賃貸物件『三鷹天命反転住宅』の暮らし」の画像8
「転倒必至な床で「生きる!」を実感。賃貸物件『三鷹天命反転住宅』の暮らし」の画像9 「転倒必至な床で「生きる!」を実感。賃貸物件『三鷹天命反転住宅』の暮らし」の画像10 「転倒必至な床で「生きる!」を実感。賃貸物件『三鷹天命反転住宅』の暮らし」の画像11 「転倒必至な床で「生きる!」を実感。賃貸物件『三鷹天命反転住宅』の暮らし」の画像12
「転倒必至な床で「生きる!」を実感。賃貸物件『三鷹天命反転住宅』の暮らし」の画像13 「転倒必至な床で「生きる!」を実感。賃貸物件『三鷹天命反転住宅』の暮らし」の画像14 「転倒必至な床で「生きる!」を実感。賃貸物件『三鷹天命反転住宅』の暮らし」の画像15

当時の記事を読む

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月10日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク