カーボンニュートラルで注目のZEH住宅、2021年の導入率は?

カーボンニュートラルで注目のZEH住宅、2021年の導入率は?
拡大する(全5枚)

2021年11月16日にイギリスで開催されたCOP26(第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議)が閉幕した。日本政府は、脱炭素を目指す方策の一つに、住宅のZEH(ゼッチ)比率を高めることを挙げている。リクルートの調査によると、2021年度に建設された注文住宅のZEH導入率が増加したという。詳しく見ていこう。

【今週の住活トピック】
「2021年 注文住宅動向・トレンド調査」を発表/リクルート

ZEH認知率は約73%、導入率は約26%

ZEHとは、「Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」を略したもの。住宅の断熱性を上げ、エネルギー消費量を抑える設備を設置することに加え、太陽光発電などによってエネルギーをつくり、年間の「一次エネルギー消費量」を正味(ネット)で、おおむねゼロ以下にするものだ。

また、ZEHが正味で一次エネルギー消費量を100%以上削減するのに対し、75%以上削減できる住宅をNearly ZEH(ニアリーゼッチ)と呼んでいる。

カーボンニュートラルで注目のZEH住宅、2021年の導入率は?

出典:経済産業省 資源エネルギー庁の資料のうちZEHの定義より転載

リクルートが全国の注文住宅建築者に調査したところ、2021年建築者の「ZEHの認知率(内容まで知っている+名前だけは知っている)」は72.9%だった。2017年から増加傾向にあったが、2020年建築者の認知率が73.1%だったことから「頭打ち」の様相だとしている。


この記事の画像

「カーボンニュートラルで注目のZEH住宅、2021年の導入率は?」の画像1 「カーボンニュートラルで注目のZEH住宅、2021年の導入率は?」の画像2 「カーボンニュートラルで注目のZEH住宅、2021年の導入率は?」の画像3 「カーボンニュートラルで注目のZEH住宅、2021年の導入率は?」の画像4
「カーボンニュートラルで注目のZEH住宅、2021年の導入率は?」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク