住宅展示場もメタバース化! 仮想空間にアバターで参加、内装変更やペット目線の内見も自在に
拡大する(全6枚)

“VR”だ、“メタバース”だと、近年のITの進化はスピードを増している。折りしも、大和ハウス工業が「メタバース住宅展示場」を公開するという。いったいどんなものなのだろうか?プレス向けの体験会があるというので、筆者も参加してみた。

【今週の住活トピック】
オンラインでコミュニケーションが図れる業界初の「メタバース住宅展示場」公開/大和ハウス工業

“VR展示場”の先を行く“メタバース住宅展示場”?

実は筆者は、“メタバース”と“VR”の違いがよくわかっていない。インターネットで違いを調べると、“メタバース”とはインターネット上の仮想空間のことで、“VR”は仮想現実と訳されるとある。仮想=バーチャルという点は共通だが、VRは仮想空間を支える技術や手段のことのようだ。

このようにITは苦手な筆者ではあるが、いちおう新しいものは試してはいる。VR展示場・VRモデルハウスなどは体験したことがあるし、VRゴーグルなども何度もつけたことがある。筆者が経験したVRモデルハウスの印象は、CGあるいは実写の360度画像が見られたり、印のある場所に移動できたりするもので、VRゴーグルをつければさらに臨場感のある画像が見られるというもの。

で、メタバース展示場の登場である。どこがどう違うのか、興味津々だ。大和ハウス工業のプレスリリースには、次のような説明がある。

「『メタバース住宅展示場』は、スマートフォンをはじめ、タブレットやパソコンから簡単に見学できることに加え、お客さまと当社担当者がアバターとなり、仮想空間上の住宅展示場内を案内することができるため、質問や相談も気軽に行えます。また、アバターを用いてお客さま同士での会話もできる他、ヘッドマウントディスプレイを装着して見学した場合は、実際の住宅展示場にいるかのような臨場感も体験いただけます。」(大和ハウス工業プレスリリースより引用)


この記事の画像

「住宅展示場もメタバース化! 仮想空間にアバターで参加、内装変更やペット目線の内見も自在に」の画像1 「住宅展示場もメタバース化! 仮想空間にアバターで参加、内装変更やペット目線の内見も自在に」の画像2 「住宅展示場もメタバース化! 仮想空間にアバターで参加、内装変更やペット目線の内見も自在に」の画像3 「住宅展示場もメタバース化! 仮想空間にアバターで参加、内装変更やペット目線の内見も自在に」の画像4
「住宅展示場もメタバース化! 仮想空間にアバターで参加、内装変更やペット目線の内見も自在に」の画像5 「住宅展示場もメタバース化! 仮想空間にアバターで参加、内装変更やペット目線の内見も自在に」の画像6