今日は「大阪港開港記念日」。意外と知らない、大阪港の歴史とは?

今日は「大阪港開港記念日」。意外と知らない、大阪港の歴史とは?
拡大する(全1枚)

本日7月15日は、大阪港開港記念日。1868年のこの日、安治川の河口に開港されたことを記念して制定された。大阪港といえば、大阪府大阪市にある日本を代表する港湾。スーパー中枢港湾の指定を受けている、国際戦略港湾だ。

そもそも、大阪港の歴史は1400年前までさかのぼるとされている。それまで国際港として栄えていた難波津や住吉津といった海港が衰退してしまったため、安治川上流の川口波止場に運上所をつくり、大阪港として開港した。

しかし、安治川は洪水のたびに土砂がたまってしまい、大きな船が入れなくなる。そのため大型船は沖合いで小さな船に貨物を積みかえて、港に運ばなければいけなかった。そこで安治川河口に新しい大阪港をつくろうとなり、1897年に築港工事を開始して、約30年もの時間をかけて完成された。

その後大阪港は、1939年には取り扱い貨物量が3000万トンを超える、日本一の港として繁栄。さらに、フェリーターミナルや客船ターミナル、鉄道や橋、スポーツ施設、住宅、学校などをつくり、いくつもの働きを兼ねた今のような新しい姿へと変わっていった。

ちなみに現在大阪市では、大阪港をとおして海や港へより親しんでもらおうと、「大阪港みなとまつり」を開催中。本日は「大阪港カッターレース」や「大阪市長杯市民ヨットレース」、「ヨット体験乗艇」などが行われている。さらに、7月21日~22日には「大阪港見学会」も予定されているなど、イベントが目白押しだ。


当時の記事を読む

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク