街に急増中!「ストリートピアノ」の魅力

街に急増中!「ストリートピアノ」の魅力
拡大する(全6枚)

「ストリートピアノ」知っていますか?街角に置かれた自由に弾けるピアノなんですが、今、全国で設置が広がっています。4月8日TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」(月~金、6:30~8:30)の「現場にアタック」で、レポーター田中ひとみが取材報告しました。

4月8日(月)の午前9時半から、都庁の南展望室がリニューアルオープンします。南展望室は去年から改修中でしたが、このリニューアルに合わせて、ここにも「ストリートピアノ」が置かれるそうです。都庁で担当された元庁舎管理課長、中満正志さんに伺いました。

★都民が提供「都庁おもいでピアノ」◆中満正志さん:「「都庁おもいでピアノ」は都民の方からピアノの寄付を募り、思い出の詰まったピアノを置いて、都庁に訪れる方に自由に弾いていただくもの。弾くかた、聞くかた、それから見ても楽しめるようにして、思い出作りに役立てていただく、そういう趣旨で始めました。ぜひ、弾いていただきたいと思います。」

草間彌生監修 都庁おもいでピアノ

街に急増中!「ストリートピアノ」の魅力の画像はこちら >>

ストリートピアノといえば、NHK・BSの「駅ピアノ」などで人気ですが、そうした番組も、企画に当たって研究したということでした。

こうした街角にピアノを置いて自由に弾いてもらう「ストリートピアノ」は、2008年にイギリスのアーティストが「Play me, I'm yours」と題して始め、今では世界中に広がっています。

都庁は「おもいでピアノ」と題し、都民から思い出のピアノの寄付を募集。8つのグランドピアノの申し出があり、思い出を聞いて回ったそうですが、「思い出には優劣はつけられない」ということで、最終的には状態の良いピアノを選んだそうです。伺ってみると、楽しい思い出より、辛い思い出も多かったそうで、今回設置されるのは「ご家族が音楽を志し、辛いレッスンに耐えた思い出のピアノ」ということ。大切な家族の思い出を都庁に移して、皆さんの思い出づくりに役立て欲しいということで寄付されたそうです。


この記事の画像

「街に急増中!「ストリートピアノ」の魅力」の画像1 「街に急増中!「ストリートピアノ」の魅力」の画像2 「街に急増中!「ストリートピアノ」の魅力」の画像3 「街に急増中!「ストリートピアノ」の魅力」の画像4
「街に急増中!「ストリートピアノ」の魅力」の画像5 「街に急増中!「ストリートピアノ」の魅力」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

森本毅郎のプロフィールを見る
TBSラジオの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「森本毅郎」に関する記事

「森本毅郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「森本毅郎」の記事

次に読みたい「森本毅郎」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク