119番通報の現場をスマホ映像で送信「Live119」
拡大する(全2枚)

TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」(月~金、6:30~8:30)の「現場にアタック」で中村友美ディレクターが取材報告しました。

きょう11月9日は「119番の日」。消防への正しい理解と認識を深め、防災意識を高めることを目的とした記念日です。それにちなんで今回取り上げるのは、119番通報があった際、迅速に現場の状況を把握すべく、スマートフォンの映像を活用する「Live119」というシステムについて。

アプリは不要。URLにアクセスするだけ

「Live119」とはどんなシステムなのか。開発した株式会社ドーン・取締役営業部長の品川真尚さんのお話です。

「ロ119番をかけると、その電話番号に対してURLが入ったSMSを送ります。通報者はそのURLをタップするだけでスマホのカメラが起動して、現場映像を送ることができる。消防側、いわゆる緊急通報受理機関は今まで口頭で説明されていたこと以外に、映像が入ってくるので、的確な現場判断できると。アプリが不要という所がミソなんですね。119番通報ってそもそも一生に一度するかしないかの通報で、アプリを落としてくださいってなかなか難しい。URLを送るぐらいの手軽さでないとシステムとしては機能しないであろうという狙いがあって、それを国内で初めて僕らが実装して、思った以上の反響だった。」
(株式会社ドーン・取締役営業部長の品川真尚さん)

119番通報の現場をスマホ映像で送信「Live119」の画像はこちら >>

一生に一度するかしないかという119番通報。その通報者が火事の状況やけが人、 病人の呼吸の状態などを口頭で正確に説明するのは難しいことです。


この記事の画像

「119番通報の現場をスマホ映像で送信「Live119」」の画像1 「119番通報の現場をスマホ映像で送信「Live119」」の画像2