全くの異業種への出向も・・・コロナ直撃!ANAの実情は?
拡大する(全1枚)

コロナ禍で大打撃を受けた全日空=ANA。CAなどを全く関係ない企業に出向に出すというニュースが出て、これまで、量販店のノジマや成城石井が候補として報じられ、さらには、三重、佐賀などの県が受け入れで合意と報じられました。異業種にANAが受け入れを要請したり、地方空港で接点がある自治体に社長と知事で話し合って合意したり、ということなのですが、この状況、客室乗務員の皆さんはどう思っているのか。11月11日TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」(月~金、6:30~8:30)の「現場にアタック」で取材報告しました。

元ANAのCAで、今も現役のANAのCAと情報交換している山本さんにお話しを伺いました。

★フライト減で給料減

元ANAのCA 山本さん
「仲間のスケジュールから見ると、一番少なかった時で、普段の1割程度のフライト数、で現状として少し今国内線の需給が戻ってきていて、2割ぐらいの勤務量かなという風には見ています、全日空の客室乗務員に関しては、お給料が、まず基本給があって、それが全てではなくて、フライトにつく手当ての部分が大きいので、おそらく収入としては、手取りがだいたいまあ、今まで3分の2ぐらいになっているのかなという風には思います。雇用の削減に踏み切る企業が、いくつかもう既にニュースなどで目にしたり聞いたりすることがある中で、出向っていう形になっても今の会社で働いていられるっていう部分には、少し安心があったり、ありがたいなっていう声も、ありました。」