都会で作って、都会で食べる。都市型農業で課題解決

都会で作って、都会で食べる。都市型農業で課題解決
拡大する(全5枚)

今回は、いま都内でじわじわと広がりつつある、新しい発想の「畑」について。6月17日TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」(月~金、6:30~8:30)の「現場にアタック」で、レポーター田中ひとみが取材報告しました。

温暖化など天候の影響を受けて、野菜の価格が高騰することがよくありますが、こうした中、天候に左右されない新しい栽培方法がはじまっていました。

ドイツ・ベルリン発の会社、Infarm – Indoor Urban Farming Japan株式会社の代表取締役社長、平石 郁生さんに聞きました。

スーパーで野菜を収穫。究極の地産地消

Infarm(インファーム)・代表取締役社長 平石郁生さん
「インファームは、スーパーやレストランの中で野菜を育てられる「スマート栽培ユニット」を開発。横幅2メートル弱、奥行き1メートル弱。「LED(太陽光に代わる光源)」と、「水耕栽培」の2つが、基本的な技術。スタッフが週に2回、お店に行って収穫。根っこがついたまま収穫した野菜を、陳列して販売。基本的には葉物野菜。イタリアンバジル、イタリアンパセリ、レタスは3種類。旬がなくなる…。でも一年中、美味しいジェノベーゼパスタを食べたい、カルパッチョにイタリアンバジルを乗せたいという方は、春夏秋冬問わず、いつでも同じクオリティを提供できる。」

1畳ぐらいのスペースの、ボックス型の栽培装置。中に仕切りが4段。バジル、パセリ、レッドソレルなどが、特殊なLEDの光を浴びながら、トレーの上で栽培。国内では今年始まったばかりのサービスで、現在、スーパーマーケットの「紀伊國屋インターナショナル(青山店)」、「Daily Table KINOKUNIYA 西荻窪駅店」、「サミットストア五反野店」の、都内3店舗で導入されています。


この記事の画像

「都会で作って、都会で食べる。都市型農業で課題解決」の画像1 「都会で作って、都会で食べる。都市型農業で課題解決」の画像2 「都会で作って、都会で食べる。都市型農業で課題解決」の画像3 「都会で作って、都会で食べる。都市型農業で課題解決」の画像4
「都会で作って、都会で食べる。都市型農業で課題解決」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TBSラジオの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「天気」に関する記事

「天気」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「天気」の記事

次に読みたい「天気」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク