これまでも、これからも。ラジオはいつも私の相棒/小沢あや【連載エッセイ「わたしとラジオと」】

これまでも、これからも。ラジオはいつも私の相棒/小沢あや【連載エッセイ「わたしとラジオと」】
拡大する(全3枚)

インスタグラマーや作家、漫画家などどさまざまなジャンルで活躍するクリエイターにラジオとの出会いや、印象的なエピソードをしたためてもらうこの企画。今回はコンテンツプランナーの小沢あやさんです。

これまでも、これからも。ラジオはいつも私の相棒/小沢あや【連...の画像はこちら >>

小学生の頃、相棒はラジオだった。

本当は『進ぬ!電波少年』や『笑う犬』など観たい番組がたくさんあったけれど、実家にはリビングにしかテレビがない。過干渉な母親と顔を合わせなければならないし、夜遅くまで起きていると怒られてしまう。はっきり言って、最初は消極的選択でしかなかった。しかしそのラジオに、だんだんと引き込まれていくことになる。

まだスマホもない1990年代の終わり。タイムフリーもなければ、倍速再生もできない。radikoや各種サブスクで好きなときに好きな番組・音楽を聴ける今の10代が羨ましく感じられることも多々あるが、不便なのもそれはそれで味があった。音楽のランキングを扱う番組も多かったし、自分では選ばなかったような多様な楽曲に触れることも出来たのだ。

なんとなく「おしゃべりを聴きたいときはAM、音楽を聴きたいときはFM」くらいの塩梅で周波数を合わせる。中学受験の対策テキストを申し訳程度に眺めながら、ラジオから流れてくる音をぼんやりと受け入れていたが、L'Arc~en~CielやJUDY AND MARYが出演したり、好きな曲がラジオで流れた瞬間は別だ。

あの頃のL'Arc~en~Cielは、シングル3枚・アルバム2枚同時発売など、信じられないくらいのハイペースで楽曲をリリースをしていた。小学生のお小遣いでは全タイトル買えるわけがなかったから、新曲がオンエアされた際にはラジカセのボタンをクイズさながらに早押し、テープに録音するしかない。曲のイントロにはDJの曲紹介コメントがかぶってしまうし、フル尺で聴けることもなかなかなかったけれど、1曲1曲を大切に何度も再生したあの楽曲たちは、今もカラオケで画面を見なくても空で歌うことができる。
▼ラジオを聴くとき、愛用されているスマートスピーカー

これまでも、これからも。ラジオはいつも私の相棒/小沢あや【連載エッセイ「わたしとラジオと」】

親元を離れてひとり暮らしを始めた後は、夜も自由に出かけられるようになったし、余暇の選択肢も楽しみも増えて、ラジオと距離が出来てしまったけれど。小学生から高校生の頃にラジオを通して触れたたくさんの音が糧になっていたのかどうかはわからないが、大学卒業後、私は音楽業界に就職した。


この記事の画像

「これまでも、これからも。ラジオはいつも私の相棒/小沢あや【連載エッセイ「わたしとラジオと」】」の画像1 「これまでも、これからも。ラジオはいつも私の相棒/小沢あや【連載エッセイ「わたしとラジオと」】」の画像2 「これまでも、これからも。ラジオはいつも私の相棒/小沢あや【連載エッセイ「わたしとラジオと」】」の画像3

当時の記事を読む

TBSラジオの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ラジオ」に関する記事

「ラジオ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ラジオ」の記事

次に読みたい「ラジオ」の記事をもっと見る

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク