6月3日(月)のゲストは『THE SECOND~漫才トーナメント~2024』準優勝!ザ・パンチのパンチ浜崎さん と ノーパンチ松尾さん!月曜パートナーの滝沢カレンさんと過去の経歴や『THE SECOND』の話をたっぷり伺いました!

『THE SECOND』準優勝ザ・パンチが語った決勝の裏側。...の画像はこちら >>

ザ・パンチ、芸歴27年目でチャンスは2回のみ!?

松尾:2008年の『M-1グランプリ』決勝でしょ。この間『THE SECOND』で準優勝だったんだけど、27年でちゃんとチャンス2回しかないって少なすぎないですか?

浜崎:自分たちのせいですよ。

松尾:少ないよ!

浜崎:もちろん自分たちのせいですけど。

松尾:よく座り続けたよ、この台!

向井:たしかに!打ち続けた結果ですもんね。

浜崎:ひどいよ!

向井:『レッドカーペット』が一番最初じゃないですか?

松尾:そうだね。レッドカーペットに出た年にM-1決勝だから。

向井:全部2008年の出来事なんですね。

松尾:そうそうそう。いろいろあったけどあの時って1年なんで。

浜崎:だから27年目って言ってるけど、『THE SECOND』と『M-1グランプリ』で。ギュッとしたら今2年目ですね。

向井:実質(笑)

松尾:期待なんかしないでいただきたい。

浜崎:まだ新人なんでお願いします。テレビもラジオも1年生ですよ。「いや16年前に出てたじゃないですか!」って言われたりするんですけど16年前なんて多分別人じゃないですか。

テレビもラジオも1年目です、お願いします。いろいろ教えてください。

『THE SECOND』準優勝ザ・パンチが語った決勝の裏側。「噛まないようにだけするね」

解散の危機なく27年。「面白い人しかいないから辞める理由がなかった」

向井:2008年『レッドカーペット』っていう1分のショートネタ番組。

滝沢:ありましたね。『爆笑レッドカーペット』。

向井:しずるさんとか、はんにゃさんとか、たくさん人気者が出ていた中にザ・パンチさんも出ていらっしゃってそこで仕事がグンっと。

松尾:そのときに一緒のような感じで出てきたけど、それこそしずるとかはんにゃも、6~7年は後輩なわけ。同じグループの感じでやっていて。今回の『THE SECOND』も金属バットとかななまがりとかがもう10年ぐらい後輩なの。

向井:ガクテンソクさんもそうですよね。

松尾:7~8年後輩かな。

浜崎:そうそうそう。ガクテンソクは7年後輩で。

松尾:お前らが2回目のチャンスつかみに来るのは生意気じゃない!?

一同:(笑)

向井:早いよ!と

松尾:27年なんだから。

浜崎:たかだか16年で苦労したみたいにねえ。彼らが芸人とか結成し始めたときに我々はもう10年間のM-1が散った後ですから。

松尾:優勝したガク・・・?テン・・・?ソク・・・だっけ?

『THE SECOND』準優勝ザ・パンチが語った決勝の裏側。「噛まないようにだけするね」

向井:さすがにそれは(笑)

松尾:あんまり覚えてないけど「解散しよう、と思いました」とか言ってたじゃない?俺たちなんか楽しく朗らかに27年売れてなかったんだから。

向井:解散の危機なし!?

松尾:ないよ?

滝沢:平和すぎる!

松尾:楽しいんだから。

浜崎:もうずっと楽しいから楽屋とかが。面白い人しかいないから、辞める理由がなかったから。

松尾:だって、ある日楽屋で「やばい、給料日までまだあるのに2000円しかないよ~」みたいなときあるじゃない?楽屋行ったらさ「俺なんて40円ですよ」みたいなやつがいっぱい。

向井:下がいるから。

松尾:「こいつよりはマシだな」って思えるんだよね。

浜崎:ごめんなさいね。下には下がいるっていうポジティブな考えもありますよ。

向井:いやですね~。良くないマインド(笑)

松尾:で、そいつらがみんなで「叩いてかぶってじゃんけんぽん」とかするんだから。

一同:(笑)

松尾:「楽しかったね~!」とか言って。

滝沢:学校だ!

『THE SECOND』準優勝ザ・パンチが語った決勝の裏側。「噛まないようにだけするね」

ザ・パンチが「決勝でネタ切れした疑惑」に答える

向井:ガクテンソクさんが先週番組に来ていただいたときも、5本ぐらいネタを持っていて、ここだったらこれかな?とか選びながらやってたって、言ってましたけど。

浜崎:すごいね!面白いだけじゃなくてなんかそういうことも考えてたんですね。すごいガクテンソク、やっぱり。

向井:優勝するまで3本必要な大会じゃないですか。ガクテンソクの奥田さん曰くザ・パンチさんは2.5本しかなかったってお話を(笑)

浜崎:1個だけ言わせてください。一応3本を用意したんですけど2.5しか出てこなかったんですよ。

向井:なんであとの0.5が?

浜崎:疲れてたんだよ!

松尾:本当の話をしたら、1本目のネタはこれをやろう、ってのは決めていて。2本目のネタと3本目のネタは7割ぐらいだけ。あとはもう現場でどうするか。

滝沢:えー!すごい!

松尾:時計もあるし。

浜崎:それしかできないんですよ。

向井:完成させすぎない方が自分たちは余白があるぐらい、遊びがあるぐらいが。

浜崎:そうそう。1本目やんないとお客さんがどんな感じかわからないし。

松尾: 1本目だけネタ合わせして、 2本目は普通にやれたんだけど、3本目で浜崎さんの体力がちゃんと0になったんです。

浜崎:情けない。

松尾:興奮とか緊張とかもあるから。

『THE SECOND』準優勝ザ・パンチが語った決勝の裏側。「噛まないようにだけするね」

浜崎:2本目終わった東野さんとかいろいろやらせていただいて、肩で息していて。でも気を遣ってネタとネタの間の時間をいただいてたんです。

松尾:トーナメントが準決勝の第2試合が俺らで、決勝の1本目も俺らで。連続でザ・パンチだったの。でもその間は結構時間空けてくれたんだけど。

向井:優勝商品の紹介とかありましたもんね。

松尾:その間に浜崎さんの肩で息が直らない。

浜崎:同じぐらいずっと。回復していかない。

滝沢:えー!

浜崎:松尾さんに「ごめんね、噛まないようにだけするね」っていう。

向井:志が低すぎます!(笑)

松尾:運動会で走るお父さんみたいな感じ、こけないように走るみたいな感じで。

向井:体力的なことも。普段は1日3ステージとかも?

松尾:別にそれは全然やるし、3ステ、4ステとかも全然あるんだけど。一番最後に「ザ・パンチさん、スタンバイお願いします」って言ったときに浜崎さんが肩で息しながら「なんでおじさんだらけの大会で体力勝負なんだよ!」って言いながら出ていったからね。

一同:(笑)

『THE SECOND』準優勝ザ・パンチが語った決勝の裏側。「噛まないようにだけするね」