天皇家のお墓って見たことある?意外な形をしていました!

天皇家のお墓って見たことある?意外な形をしていました!


有名人のお墓に関する記事は結構ありますが、天皇家のお墓がどこにあるかご存じですか?
メディアでもほとんど報じられていませんね。東京・八王子にある「武蔵陵墓地」またの名を「多摩御陵」というのが、皇室の方々のお墓です。

墓地の名前が「古事記」の登場人物のよう
天皇家のお墓って見たことある?意外な形をしていました!


「武蔵陵墓地」に眠っているのは大正・昭和の天皇・皇后両陛下です。「多摩陵(たまのみささぎ)」が大正天皇の、「武蔵野陵墓地(むさしののみささぎ)」が昭和天皇の墓地ですが、ちょっとした林を隔てて隣り合っていますので、同じ敷地内にあるといってもいいでしょう。今上天皇(現在の陛下)が御隠れになると、やはりこの「武蔵陵墓地」に埋葬されると予想されます。

科学万能の世の中で古墳をつくる一族
皇室の方々のお墓ですが、「火葬出来ない」など一般人と異なるいくつかのルールがあります【註】。その最大の特徴は、なんといっても御陵が古墳だということでしょう。

「上円下方」と呼ばれる陵形だそうですが、四角い台の上にドーム型の円墳が載っています。大きさですが1990年1月6日づけの朝日新聞によると、高さ10.5メートル。面積は27メートル四方とのこと。大きさといい、形といい、見るからに古墳そのものです。

現代社会で、いまだに大和朝廷の時代そのままのお墓が造成されていたなんて。日本、というより皇室は、やはり特別な存在なのかも知れません。

【註】天皇家の葬儀は江戸期以降350年間土葬でしたが、今上天皇の意向により2013年11月からは火葬に変更されました。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2018年7月6日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。