絶景と秘湯に出会う山旅(8)日本百名山の久住山と牧の戸温泉・九重観光ホテル

慎重な行動は必要ですが、ようやく都道府県境をまたぐ移動ができるようになります。体を解放し心を癒やしてくれる、とっておきの旅をしたいもの。ならば絶景と秘湯の山旅はいかがでしょう。たどり着いた頂きからの絶景は、あなたの足で歩いたからこそ。そして秘湯はあなただけのご褒美。今回は多くの人びとに愛されてきた日本百名山の久住山と牧の戸温泉・九重観光ホテルへの旅をご紹介します。
絶景と秘湯に出会う山旅(8)日本百名山の久住山と牧の戸温泉・九重観光ホテル

(C)Masato Abe
霧雨の中の久住山登山
阿蘇くじゅう国立公園に指定され、「九州の屋根」とも呼ばれる大分県の九重連山。なかでも標高1,787mの久住山(くじゅうさん)は、九重連山のシンボルとしてたいへん人気の高い山です。久住山の西側にあたる牧ノ戸登山口は標高1,330mにあるため高低差が少なく、初心者でも登ることができるルート。2時間あまりで久住山の頂きにたどり着きます。

絶景と秘湯に出会う山旅(8)日本百名山の久住山と牧の戸温泉・九重観光ホテル

(C)Masato Abe

実はこの朝は天気が心配でした。低気圧が近づき前日から大雨だったのです。午後から天気が良くなるという予報でしたが、案の定、早朝は霧雨。登山口でためらっていると遠足でしょうか、小学生のグループが元気よく雨の中を登っていきます。というわけで後を追うように登ることにしました。

絶景と秘湯に出会う山旅(8)日本百名山の久住山と牧の戸温泉・九重観光ホテル

(C)Masato Abe

シャクナゲが美しく雨に濡れていました。しかし周囲は霧がかかり何も見えません。ちなみに九州でもっとも高い山は、久住山のすぐ東隣に位置する中岳で標高1,791m。久住山から1時間あまりで往復できるのですが、雨と霧で何も見えないようならば無理はしない予定です。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「絶景 + 日本」のおすすめ記事

「絶景 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「海」のニュース

次に読みたい関連記事「海」のニュースをもっと見る

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月19日のトラベル記事

キーワード一覧

  1. 絶景 日本

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。