1本の木に会いに行く(19)太古の森の息吹「諏訪大社」上社前宮のケヤキ<長野県>

1本の木に会いに行く(19)太古の森の息吹「諏訪大社」上社前宮のケヤキ<長野県>
       
御柱祭で知られる長野県の諏訪大社。実は諏訪大社はひとつではなく、諏訪湖周辺の4カ所に分かれているのをご存じでしょうか。樹木が重要な意味を持つ諏訪大社の一角に、ひっそりと太古の森の息吹を感じさせるヒノキの大木がありました。
1本の木に会いに行く(19)太古の森の息吹「諏訪大社」上...の画像はこちら >>

4つの社を持つ「諏訪大社」とは
諏訪大社はひとつではなく、諏訪湖周辺の4カ所に分かれているのをご存じでしょうか。諏訪湖南岸の諏訪市内にある上社本宮、茅野市内にある上社前宮、そして諏訪湖北岸の下諏訪町内にある下社宮と下社秋宮、それら4つを総称して諏訪大社と呼びます。

1本の木に会いに行く(19)太古の森の息吹「諏訪大社」上社前宮のケヤキ<長野県>


日本最古の神社のひとつともいわれる諏訪大社にどれほど古い樹木があるのか、4カ所を訪ねたことがあります。そのなかでも、もっとも地味でひと気の少ない上社前宮が逆にとても印象的でした。交通量の激しい県道沿いに入口となる鳥居と駐車場があるのですが、立ち寄る人はそれほど多くはない様子です。ここから北に2キロほどのところにある上社本宮は参拝客でにぎわっているんですが・・・。

1本の木に会いに行く(19)太古の森の息吹「諏訪大社」上社前宮のケヤキ<長野県>


地味でひと気が少ないというのは、立派な建物が少ないだけで、周囲は鬱蒼とした木立ちに囲まれ、厳かな雰囲気が漂います。実は諏訪信仰の始まりは、この場所だったともいわれているんです。

1本の木に会いに行く(19)太古の森の息吹「諏訪大社」上社前宮のケヤキ<長野県>


境内に足を運ぶと、ご神木のようにすぐに大きな2本のケヤキの木が目に入ります。ですが、それほどの古い木ではなさそうです。

1本の木に会いに行く(19)太古の森の息吹「諏訪大社」上社前宮のケヤキ<長野県>


境内に前宮史跡案内図という大きなマップが掲げられています。太古からから平安時代・戦国時代へと、広大な一帯にはさまざまな社や統治者の建物などがあったことがわかります。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月16日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。