ドリンク1杯でロビー使い放題!ワーケーションの穴場・ハイアットハウス金沢
拡大する(全14枚)
新型コロナウイルス感染症の影響で暮らし方も働き方も旅の仕方も変わりました。旅するように働くワーケーションという考え方も、この「コロナ」の間に広がり定着しつつあります。そのワーケーションの場所として国内屈指の穴場を石川県金沢市に発見しましたので、レポートします。
ドリンク1杯でロビー使い放題!ワーケーションの穴場・ハイアッ...の画像はこちら >>

ロビーがまちに開放されたホテル
ドリンク1杯でロビー使い放題!ワーケーションの穴場・ハイアットハウス金沢


縁側を意識した席。テラスの外には芝生のスペースがある

金沢は石川県の県庁所在地です。名古屋愛知が合致しないように、金沢と石川が合致しない人も少なくないと思いますが、江戸時代に加賀藩の武士たちが治めた土地の歴史が、第二次世界大戦の被災をまぬかれたために、かなりの部分で残っている北陸屈指の観光地になります。

金沢駅前のシンボリックな鼓門は世界中から集まる観光客の記念撮影スポットになり、その門を含めた見事な駅舎の設計が評価されて、金沢駅は「世界で最も美しい駅」とも一部で言われています。

今回紹介するワーケーションの拠点は、その鼓門がある兼六園口(東口)とは逆側、金沢駅金沢港口(西口)駅前にあるハイアット・ハウスのロビーです。

ドリンク1杯でロビー使い放題!ワーケーションの穴場・ハイアットハウス金沢


一般的にホテルのロビーといえば、宿泊者や宴会利用者などが出入りする空間です。しかし、2020年(令和2年)8月に日本で初めてオープンしたハイアット系のブランド・ハイアットハウス金沢は、ロビーがまちに開放されています。

ロビー空間には開口部が多く、室内とテラスが一体となっています。ロビー前の広場にはまちに通じる階段もあり、まちの人が自由に出入りできる設計になっています。このロビー空間が、ドリンク1杯を頼むだけで、コワーキングスペースとして自由に利用できるようになっているのです。

この記事の画像

「ドリンク1杯でロビー使い放題!ワーケーションの穴場・ハイアットハウス金沢」の画像1 「ドリンク1杯でロビー使い放題!ワーケーションの穴場・ハイアットハウス金沢」の画像2 「ドリンク1杯でロビー使い放題!ワーケーションの穴場・ハイアットハウス金沢」の画像3 「ドリンク1杯でロビー使い放題!ワーケーションの穴場・ハイアットハウス金沢」の画像4
「ドリンク1杯でロビー使い放題!ワーケーションの穴場・ハイアットハウス金沢」の画像5 「ドリンク1杯でロビー使い放題!ワーケーションの穴場・ハイアットハウス金沢」の画像6 「ドリンク1杯でロビー使い放題!ワーケーションの穴場・ハイアットハウス金沢」の画像7 「ドリンク1杯でロビー使い放題!ワーケーションの穴場・ハイアットハウス金沢」の画像8
「ドリンク1杯でロビー使い放題!ワーケーションの穴場・ハイアットハウス金沢」の画像9 「ドリンク1杯でロビー使い放題!ワーケーションの穴場・ハイアットハウス金沢」の画像10 「ドリンク1杯でロビー使い放題!ワーケーションの穴場・ハイアットハウス金沢」の画像11 「ドリンク1杯でロビー使い放題!ワーケーションの穴場・ハイアットハウス金沢」の画像12
「ドリンク1杯でロビー使い放題!ワーケーションの穴場・ハイアットハウス金沢」の画像13 「ドリンク1杯でロビー使い放題!ワーケーションの穴場・ハイアットハウス金沢」の画像14