小島慶子、「SNS息苦しい」「超大物作家を激怒させた」。それでも“落伍者ではない”ワケ。

小島慶子、「SNS息苦しい」「超大物作家を激怒させた」。それでも“落伍者ではない”ワケ。
『失敗礼賛』を出版。インタビューに応じる小島慶子。
       
アナウンサーでありながら、実は「コミュニケーション敗者」を自称する小島慶子。そんな小島がこのたび著した『失敗礼賛』には、「要領よく振る舞えない」、「なんだか周囲から浮いてしまう」という現代あるあるの問題を生き抜く、彼女ならではのコミュニケーション術が満載だ。これまでにも様々な失敗を繰り返してきたという小島。発売イベント後の単独インタビューでは超大物作家を激怒させたという仰天エピソードを語ってくれた。

TBSアナで現在はフリーアナウンサーの小島慶子が28日、著書『失敗礼賛-不安と生きるコミュニケーション術-』の発売記念トークイベントを開催。Techinsight編集部の単独インタビューに応えてくれた。

トークイベントでは、観客を前に「生身の人間が怖い」とのっけからコミュニケーション下手を堂々と告白し会場を沸かせた。今年7月には、自身のTwitterのコメントを「掃除しよう」と軽い気持ちで削除した結果、ネットニュースになったことを例に挙げ「世間はSNSの変化にも過敏」と分析。小島のようなコミュニケーション下手(略称:コミュ敗者)にとっては「SNS上での関係さえも息苦しい」とすると同時に、それらの枠組みから外れても「けして“落伍者”ではない」と語った。


単独インタビューでは、小島が過去に起こした戦慄?のハプニングについて明かしてくれた。ある番組で超大物作家A氏を激怒させ、途中でその作家が「もう帰る!」と退席してしまったというのだ。当然、番組内は一時騒然。スタッフが平謝りした結果、A氏は笑顔で席に戻り、その後も無事収録が続けられたというもの。なんと、この事件の一部始終はそのまま放送された。コミュニケーションという視点からみると“大失敗”と思われるようなこのハプニングも、彼女は「よくある失敗」と振り返る。

著書の中では、「失敗した後、相手とどう関係を結ぶのかが最高のプレゼンのチャンス」と記している。当時のA氏とのやりとりについても、最後には戻って来てくれたことに「終わり良ければすべて良し」と、今でもA氏のファンだと笑顔で語った。普段から飾らない、人間味あふれる彼女だからこその説得力ある、「間違えながら進んで行く」コミュニケーション術は一読の価値ありだ。

小島慶子著『失敗礼賛-不安と生きるコミュニケーション術-』(KKベストセラーズ、1575円)
(TechinsightJapan編集部 佐々木直まる)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「フリーアナウンサー + 川田裕美」のおすすめ記事

「フリーアナウンサー + 川田裕美」のおすすめ記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年8月30日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. フリーアナウンサー 川田裕美

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。