ユーミン『恋人がサンタクロース』を反省 「社会の呪縛になった」

ユーミン『恋人がサンタクロース』を反省 「社会の呪縛になった」
イルミネーション輝く街を散歩するユーミン(出典:https://twitter.com/yuming_official)
松任谷由実がクリスマスソングの定番となった『恋人がサンタクロース』について自身のラジオ番組で語った。同曲は1980年12月にアルバム収録曲として世に送り出されたが、当初はロック調のクリスマスソングを作ろうといったノリで書き始めたという。ところがこの『恋人がサンタクロース』は、やがて生みの親の手を離れて社会現象を起こす存在となっていく。

音楽番組やバラエティ番組で“お気に入りのクリスマスソング”ランキングを特集すると上位に入るのが山下達郎の『クリスマス・イブ』とユーミンの『恋人がサンタクロース』である。

松任谷由実が1980年12月1日に出した10枚目のアルバム『SURF&SNOW』に収録されたこの曲は映画『私をスキーに連れてって』の挿入歌となって広く知られ、今でも愛されるナンバーだ。

12月16日のラジオ番組『松任谷由実のYuming Chord』(TOKYO FM/JFN)は、“Winter Hollidays Collection ~Yuming's Christmas”をコードに放送した。あるママさんから、11歳になって恋愛や結婚に興味を持ち始めた娘とのエピソードが届いた。

車の中で流れる『恋人がサンタクロース』を聴いた娘が「大人になると恋人がサンタクロースになってやって来て結婚しちゃうってこと?」「ママのところにパパが迎えに来てついて行ったってこと!? まじウケる~」などと言い出した。それを聞いて、「やがて成長したら彼氏を連れてくるのだろうな」とこのママさんは複雑な気持ちになったという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ユーミン『恋人がサンタクロース』を反省 「社会の呪縛になった」」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    ユーミンが作らなかったとしても、他の誰かがそんな感じの曲を作って、今と変わらない世の中になっていたと思う。

    15
  • 匿名さん 通報

    考え過ぎでしょ、そこまで影響力無いよ。

    9
  • 匿名さん 通報

    CDアルバム楽曲売れ行き不振がユーミンにしてこういう内省的思考を生むんだろうなあ、、

    8
  • こわい世界 通報

    ユーミンが反省してるなんて、驚きました。真面目なファンはとても影響されるのですね。意味など考えずに聞いている私には目から鱗でした。

    7
  • けーわい 通報

    いや「私スキ」の影響の方が大きいから。なぜか「凍ってるね」セリカ?で雪の林道をブォ〜が未だに脳裏にこびりついている。

    4
この記事にコメントする

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月16日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。