コロナ禍の鉄道の現在地 時間帯別運賃からローカル線の見直しまで 国交省は「地元に丁寧な説明を」【コラム】

コロナ禍の鉄道の現在地 時間帯別運賃からローカル線の見直しまで 国交省は「地元に丁寧な説明を」【コラム】
拡大する(全3枚)
コロナの影響が深刻なのはJR三島会社や地方の中小私鉄です。赤羽大臣は地方視察の機会を通じて、鉄道事業者の本支社や現場にも積極的に足を運びます。画像は2020年9月の中国・四国視察でJR四国の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」の説明を聞く赤羽大臣(画像:国土交通省)

東京都などに最初の緊急事態宣言が発出されて1年半が経過しました。新型コロナはこの間、感染拡大とピークアウトを繰り返し、完全な収束に向かう流れが見いだせないのは、改めて指摘するまでもないでしょう。

鉄道各社もコロナに翻ろうされ、巨額の赤字を少しでも減らそうとさまざまな手を打ちますが、〝決めの一手〟は見付からないのが現状です。ここでは、公表済みの資料やシンポジウムでの発言に加え、一部事業者への取材などから、鉄道業界にコロナが与えた影響を俯瞰的にとらえるとともに、対応策の有効性を考察しました。

「これほど長引くとは想像しなかった」

最初に、鉄道業界は現状をどう見るのか。JR東日本は、「コロナが、これほど長引くとは想定していなかった。テレワーク浸透などの変化をニューノーマル(新しい常態)ととらえ、当社としての針路を早急に定めなければならないと考える。一方でテレワークが難しい業界があるのも事実で、安全安定輸送のレベルアップ、安心して利用していただくための感染拡大防止策、車内混雑回避などを経営課題ととらえている」(運輸総合研究所のシンポジウムなどでの発言を集約。以下同じ)とします。


この記事の画像

「コロナ禍の鉄道の現在地 時間帯別運賃からローカル線の見直しまで 国交省は「地元に丁寧な説明を」【コラム】」の画像1 「コロナ禍の鉄道の現在地 時間帯別運賃からローカル線の見直しまで 国交省は「地元に丁寧な説明を」【コラム】」の画像2 「コロナ禍の鉄道の現在地 時間帯別運賃からローカル線の見直しまで 国交省は「地元に丁寧な説明を」【コラム】」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「四国」に関する記事

「四国」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「四国」の記事

次に読みたい「四国」の記事をもっと見る

トラベルニュースランキング

トラベルランキングをもっと見る
お買いものリンク