オマケ 只見線25【50代から始めた鉄道趣味】その52

オマケ 只見線25【50代から始めた鉄道趣味】その52
※2019年4月撮影

只見で偶然、静態保存されている蒸気機関車、C58 244を見つけました。データなど機関車データベースさんを参照させていただきました。ありがとうございます。

オマケ 只見線25【50代から始めた鉄道趣味】その52
※2019年6月撮影

場所は只見駅の東南300mくらいの駐車場でした。近所で唯一の食堂で昼食をとった後、たまたま通りかかって見つけたのです。機関車データベースさんに拠ればC58 244は、1940年(昭和15年)川崎重工兵庫工場製。岡山に配属後、1944年(昭和19年)北海道に渡りましたが、半年で東北一ノ関に移り長く東北で活躍しました。1972年(昭和47年)八戸で廃車となって、走行距離は、1,762,478km。176万キロというと地球を44周した計算になります。凄い距離ですね。

オマケ 只見線25【50代から始めた鉄道趣味】その52
※2019年6月撮影

廃車後仙台鉄道管理局から福島県只見町に無償貸与され只見の地で屋根の下で保存されています。

何故駐車場の片隅に?と思いましたが、この場所には「只見総合開発センター」があったのです。東日本大震災後に「只見総合開発センター」は耐震強度不足で解体されました。そこに保存されていた蒸気機関車だけが取り残された形で、現在の姿になったのです。

オマケ 只見線25【50代から始めた鉄道趣味】その52
※2019年6月撮影

近づいてみると、全体が黒い塗料で塗り固められている感じでした。

オマケ 只見線25【50代から始めた鉄道趣味】その52
※2019年6月撮影

周囲には紹介看板などが見当たりません。偶然通りかかって見つけましたが、何故、この場所にいかなる理由で蒸気機関車が保存されているのかが分からず、戸惑いました。てっきり只見線で使われていた車両かと思いましたが、上記の様に別の場所で働いていた車両でした。


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る 2019年8月2日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら