こりゃ ちょっと愚痴っぽいかな 【50代から始めた鉄道趣味】237 高山本線02

こりゃ ちょっと愚痴っぽいかな 【50代から始めた鉄道趣味】237 高山本線02

富山駅は2019年7月は工事中でした。元来北陸本線と高山本線というJR西日本の駅でしたが、北陸新幹線が開通したため北陸本線は並行在来線となり、金沢駅~倶利伽羅駅間(石川県部分)はIRいしかわ鉄道に、倶利伽羅駅~市振駅間(富山県部分)はあいの風とやま鉄道、市振駅~直江津駅間(新潟県部分)はえちごトキめき鉄道の各第三セクター鉄道会社に移管されています。

青春18きっぷでリーズナブルにノンビリと鉄道旅を楽しむ筆者個人としては、この新幹線の開通は単に不便になったダケです。北陸本線が、353.8kmから176.6kmと半分以下になってしまったのです。

青春18きっぷを使う場合の特例は「通過利用」です。IRいしかわ鉄道の場合なら普通列車でJR北陸本線から西金沢駅を通ってJR七尾線の中津幡駅から七尾駅まで利用する時はIRいしかわ鉄道の金沢~津幡間は無料になります。同様にあいの風とやま鉄道は富山駅~高岡駅間の通過利用はOK。

言い換えれば、津幡駅~高岡駅間は「通過利用」できないのです。金沢駅から高岡駅間もIRいしかわ鉄道(金沢駅~倶利伽羅駅=370円)とあいの風とやま鉄道(倶利伽羅駅~高岡駅=470円)の840円が必要です。もちろん津幡駅と高岡駅で面倒ですが一度ずつ下車すれば「通過利用」区間を除いた610円(IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道の他社間割引料金)で済みます。

こりゃ ちょっと愚痴っぽいかな 【50代から始めた鉄道趣味】237 高山本線02

※2018年1月撮影

でも、青春18きっぷの最大の利点はJR旅客各社線なら始発から24時まで乗り放題で細かいコトを考えずに気のむくまま、という気楽さが良いのです。


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「北陸 + 観光」のおすすめ記事

「北陸 + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「九州」のニュース

次に読みたい関連記事「九州」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東海」のニュース

次に読みたい関連記事「東海」のニュースをもっと見る

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月12日のトラベル記事

キーワード一覧

  1. 北陸 観光

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。