今の給食は問題だらけ? 給食はどう始まり、何のために続いてきたのか

今の給食は問題だらけ? 給食はどう始まり、何のために続いてきたのか

瀬戸内国際芸術祭の開催でも有名な小豆島の島内には、昔懐かしい給食メニューを銀色のアルマイト食器で楽しむことができる「二十四の瞳 映画村」があります。



給食セットを食べたあと、穏やかな瀬戸内海や昭和初期の街並み、レトロな木造校舎を眺めながら散策していると、知人の現役教師から聞いたある言葉が頭をよぎり、給食の始まりや役割について無性に知りたくなりました。



そこで今回は、給食の歴史をおさらいし、教師たちが直面する現在の給食の問題を見ていきます。最後には昔懐かしい給食や現在の給食を楽しむ方法についてもご紹介します。



■給食の始まりと歴史



今の給食は問題だらけ? 給食はどう始まり、何のために続いてきたのか

「二十四の瞳 映画村」教室(筆者撮影、以下同)




日本で給食が始まったのは今から130年以上も前の明治22年(1889年)、大日本帝国憲法が発布された年です。当時は貧しい家庭が多く、就学率も低かったため、山形県鶴岡町の大督寺(だいとくじ)が本堂の一部を利用して「私立忠愛小学校」を開校し、昼食を無料で提供したのが始まりとされています。



お弁当を持ってこられない子供たちのために、お坊さんたちが家々をまわってお金やお米をもらい、おにぎりや魚、漬物などを提供したというのですから頭が下がります。



給食の実施と食糧不足による自然中止

今の給食は問題だらけ? 給食はどう始まり、何のために続いてきたのか

「二十四の瞳 映画村」昭和の街並み




給食発祥の地となった「私立忠愛小学校」は、残念ながら火災によって明治30年(1897年)に焼失していますが、給食制度は寄付金などをもとに戦争によって自然中止となるまで継続されました。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月7日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。