「iPhone 13 mini」と「iPhone SE(第3世代)」はそれぞれ、どういう人が買うべきか
拡大する(全3枚)

日本で人気のiPhone。



サイズはいくつかありますが、小さめが好みという人がいます。

しかし、iPhone 13 miniとiPhone SE(第3世代)はサイズも重さもあまり違いがありません。



どちらを購入したら良いでしょうか。

そんなお悩みを解決するための情報を提供させていただきます。



■1. 結論から言うとコスパ重視ならiPhone SE(第3世代)、小さくても性能重視ならiPhone 13 miniがおすすめ



「iPhone 13 mini」と「iPhone SE(第3世代)」はそれぞれ、どういう人が買うべきか

出典:Natee Meepian/shutterstock.com



とにかく値段を安く小さいiPhoneが持ちたい方はiPhone SE(第3世代)をおすすめします。



iPhone 13 miniは86,800円(税込)から、iPhone SE(第3世代)は57,800(税込)から購入できます。

約3万円も値段が違います。



コスパ重視なら断然、iPhone SE(第3世代)がおすすめです。

では、それぞれの違いを知る前に共通している点をお伝えします。



■2. iPhone 13 miniとiPhone SE(第3世代)でほとんど違わないところ



iPhoneの心臓部のCPU(車で例えるとエンジンのようなところ)は同じです。



それで、iPhoneのサクサク動く感じはどちらも同じです。



大きさや重さもほぼ同じです。



それで、購入のポイントは値段か性能や機能と言うことになります。



では、iPhone 13 miniとiPhone SE(第3世代)の購入を左右する違いを一つずつ見ていきましょう。


この記事の画像

「「iPhone 13 mini」と「iPhone SE(第3世代)」はそれぞれ、どういう人が買うべきか」の画像1 「「iPhone 13 mini」と「iPhone SE(第3世代)」はそれぞれ、どういう人が買うべきか」の画像2 「「iPhone 13 mini」と「iPhone SE(第3世代)」はそれぞれ、どういう人が買うべきか」の画像3