初詣は小銭不要!? お賽銭まで「キャッシュレス化」してご利益あるの?

■ビジネス、今日のひとネタ



初詣は小銭不要!? お賽銭まで「キャッシュレス化」してご利益あるの?

年の初めに初詣へ、という方は例年、多くいらっしゃるでしょう。東京の明治神宮や千葉の成田山新勝寺、神奈川県の川崎大師などは、毎年300万人以上の人出でごった返すといわれます。関東以外でも、京都の伏見稲荷大社や大阪の住吉神社、愛知の熱田神宮や福岡の太宰府天満宮は200万人を超える参拝者が訪れるといいます。



もちろん、こうした大きな寺社でなくとも、「近くの神社にお参りしないと年が明けた感じがしない」という人も多いかもしれません。



ところが、その参拝のかたちが変わる兆しを見せています。なんと、「お賽銭がキャッシュレス決済できる」という神社やお寺が少しずつ増えているのです。



■「電子賽銭」の波、じわじわと



東京都の愛宕神社では、2014年から電子マネーで賽銭を受け付ける端末が設置されています。年々、対応決済方法を増やしており、2018年の初詣には電子決済のスマホアプリでQRコードを読み込み、賽銭を入金できる、というシステムが導入されています。



また、2018年10月には、世界遺産の日光二荒山(ふたらさん)神社でQRコード決済ができるようになったほか、四国霊場の一つである徳島県の平等寺でも、2018年12月25日からスマホ決済が導入されています。



こうした動きは、QRコード支払いの賽銭がすでに広く浸透している中国からの観光客を中心に人気のようです。加えて、賽銭泥棒や職員による横領の防止、参拝時の行列軽減などが期待されているといいます。

...続きを読む

あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2018年12月29日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。