「雨の日だけ走るバス」全国に 本来ダイヤにない便や路線 運行の基準は?

       

の日だけ走るバスの便や路線が、いくつかのバス事業者で運行されています。自転車などが運行できない雨の日の需要にこたえる目的ですが、どのような基準で走るのでしょうか。「当日の急な雨」には対応しないこともあります。

前日の天気予報で運行が決まる

 電車やバスは、土日や学校の休日などで違いはあるものの、一般的に毎日決まった時刻の便が走っています。しかし、当該便が運行するかどうか、前日になって決まるバスもあります。

 横浜市営バスでは、2009(平成21)年6月から、特定の路線で「雨の日臨時便」を運行しています。現在、204系統(浅間町車庫前→横浜駅西口)ほか6路線で7時台から9時台に計12便が設定されています(2020年9月現在、コロナウイルスの影響により休止中)。

「雨の日だけ走るバス」全国に 本来ダイヤにない便や路線 運行の基準は?

横浜市営バス(乗りものニュース編集部撮影)。

 運行の基準は、当日6時から12時の降水確率が「70%以上」であること。前日17時の気象台からの発表を元に、2時間後の19時、市営バスのウェブサイトで運行の有無が発表されます。当日が晴れとなっても運行する一方、前日の予報になかった雨が降っても急遽運行、とはなりません。

 横浜市交通局によると、ふだん自転車や徒歩で駅まで向かう通勤・通学客が、雨の日にはバスを利用するため、満員で客を乗せられなくなる「積み残し」を防止するために導入したとのこと。当初の基準は「降水確率50%以上」だったものの、翌日晴れてしまうことが多かったため、2013(平成25)年に「70%以上」に変更したそうです。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月16日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。