西鉄高速バス値上げへ 企画乗車券も大幅見直し 福岡~宮崎線は変動運賃に

西鉄高速バス値上げへ 企画乗車券も大幅見直し 福岡~宮崎線は変動運賃に
拡大する(全1枚)

基本運賃は上がるけど、お得な運賃も。

西鉄グループの高速バス8路線で値上げ

 西日本鉄道は2022年1月20日(木)、西鉄グループが運行する高速バス8路線で運賃の見直し、2路線で運賃制度の変更を実施すると発表しました。適用は3月1日(火)からです。

西鉄高速バス値上げへ 企画乗車券も大幅見直し 福岡~宮崎線は...の画像はこちら >>

西鉄高速バスのイメージ(画像:西日本鉄道)。

 以下の路線では、基本の片道運賃が値上げされます。路線、現行運賃、見直し後の運賃の順で記載します。

・福岡~熊本(ひのくに号):2280円→2500円
・福岡~北九州(ひきの号・なかたに号・いとうづ号・博多系統):1150円→1350円
・福岡~行橋:1680円→1950円
・福岡~下関(ふくふく号):1570円→1700円
・福岡~直方:1150円→1350円
・福岡~佐賀(わかくす号):1050円→1100円
福岡空港~佐賀:1260円→1300円

 なお福岡空港~久留米線は基本運賃は変わらないものの、2枚回数券が値上げになります。ほかの路線でも回数券類の値上げや廃止が行われる一方で、お得なアプリ回数券が導入されます。

 また、以下の2路線では運賃制度が変更されます。

・福岡~宮崎(フェニックス号)でダイナミックプライシング導入:4710円→3500~6000円(状況により変動)
・福岡~岡山でカレンダー運賃導入:7540円→6600~9100円(状況により変動)

 福岡~宮崎線では、従来の回数券類やWEB割引運賃が廃止され、「直近の予約状況に応じ、より幅広い価格帯で、柔軟に運賃を変動させる」というダイナミックプライシング型運賃が導入されるほか、新たに65歳以上対象の「シニア割」4500円が設定されます。

 今回、片道運賃の値上げが実施されるのは、赤字額が大きい路線だそうです。西鉄は「新型コロナウイルス感染症の影響をはじめ、さまざまな環境の変化を受け、高速バス事業は非常に苦しい状況が続いております」とし、収支改善を図り路線を維持していくため、運賃値上げに理解を求めています。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク