海の銀座・東京湾で大型コンテナ船「無人運航」に成功 パナマ運河も余裕? 世界初
拡大する(全1枚)
Large 220301 ferry 01

日本財団の無人運航船プロジェクト「MEGURI2040」の一環。

遠隔操船は千葉市幕張で実施

 日本財団(東京都港区)は、2022年2月26日から3月1日にかけて、コンテナ船「すざく」の無人運航に関する実証実験を東京港と津松阪港のあいだで行い、その航行に成功したと発表しました。

 今回、無人運航船の実証実験を成功させたのは、国内の多種多様な30社でコンソーシアムを組み、オープンイノベーション体制で開発を進めるDFFAS(Designing the Future of Full Autonomous Ship)コンソーシアムです。DFFASコンソーシアムは、日本海洋科学を代表に、ウェザーニューズ、NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ、近海郵船、ジャパン マリンユナイテッド、スカパーJSAT、鈴与海運、東京海上日動火災保険、ナブテスコ、日本郵船、日本無線、古野電気、本田重工業、三井住友海上火災保険、三菱総合研究所など名だたる企業が名を連ねています。

海の銀座・東京湾で大型コンテナ船「無人運航」に成功 パナマ運...の画像はこちら >>

無人運航の実証実験を行ったコンテナ船「すざく」(画像:日本財団)。

 実験船として用いられた「すざく」は、全長95.23m、総トン数749トンあるコンテナ船で、千葉市幕張に設けられた陸上支援センター(フリートオペレーションセンター)からの遠隔操船機能を含む、包括的な無人運航船システムにより、東京港~津松阪港~東京港の往復約790km区間を航行しました。