東京モノレール、なぜ浜松町発着? 北への延伸は「幻」に終わるか

JR新橋駅(汐留口)の駅前広場。現在の新橋駅前ビルがあるあたりにモノレールの新橋駅が設けられるはずだった(2011年8月、草町義和撮影)。

 ターミナルの位置やルートを変更した日本高架電鉄は、急ピッチで工事を進めました。オリンピック開催年の1964(昭和39)年には、社名を東京モノレールに変更。同年9月17日、浜松町駅と羽田駅(羽田空港が拡張される前の旧駅)を結ぶ区間が開業しました。その後、羽田空港の拡張に伴うルートの変更や延伸を経て、いまに至っています。

 新橋への乗り入れは1966(昭和41)年1月に中止されましたが、その後も北に延伸して新橋駅や東京駅に乗り入れる構想が、ときどき浮上しています。JR線の上にモノレールの高架桁を建設し、浜松町駅から新橋駅や東京駅まで伸ばすことが考えられているようです。

 ただ、最近はJRの貨物線を活用して羽田空港に乗り入れる「羽田空港アクセス線」の構想が浮上しました。国やJR東日本も羽田空港アクセス線の整備を推進していく姿勢を示しており、東京モノレールの新橋乗り入れは再び幻に終わりそうです。

【地図】全体のルートもいまとは違う

東京モノレール、なぜ浜松町発着? 北への延伸は「幻」に終わるか

1961年時点の計画(赤)では新橋駅が起点。途中駅やルートもいまとは一部違っていた(国土地理院の地図を加工)。

この記事の画像

「東京モノレール、なぜ浜松町発着? 北への延伸は「幻」に終わるか」の画像1 「東京モノレール、なぜ浜松町発着? 北への延伸は「幻」に終わるか」の画像2 「東京モノレール、なぜ浜松町発着? 北への延伸は「幻」に終わるか」の画像3