F-35戦闘機捜索に投入の海底研究船「かいめい」とは 科学研究のための船をどう活用?

青森県沖で墜落したと見られる航空自衛隊F-35A戦闘機の捜索に、文部科学省の関連機関である海洋研究開発機構の海底広域研究船「かいめい」が投入されます。広大な範囲を、具体的にどのように捜索するのでしょうか。

文部科学省関連機関の海底広域研究船を投入

 2019年4月9日19時25分ごろ、航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機F-35Aは、同三沢基地(青森県三沢市)の東方約135kmの太平洋上にて機影がレーダーから消え、連絡も取れなくなりました。消息を絶った同機は海へ墜落した可能性が大きく、24日(水)現在もなお、自衛隊や海上保安庁が捜索を進めています。

 4月23日(火)、岩屋 毅防衛大臣は閣議後の記者会見で、このF-35A戦闘機墜落事故に関して、文部科学省所管の研究機関である海洋研究開発機構(JAMSTEC)の保有する海底広域研究船「かいめい」が、機体の捜索活動に参加することを発表しました。

F-35戦闘機捜索に投入の海底研究船「かいめい」とは 科学研究のための船をどう活用?

海洋研究開発機構の海洋広域研究船「かいめい」(貝方士英樹撮影)。

 この海底広域研究船「かいめい」とは、どのような船なのでしょうか。

「かいめい」は2016年に完成した新鋭研究船で、主要な任務は以下の3つです。

・海洋資源分布の広域調査、鉱物・鉱床の生成環境を捉える総合的科学調査を行うこと
・海底下構造探査、地震・津波に対する防災・減災研究を行うこと
・地球規模の気象現象の把握や環境変動の解明を行うこと

 つまり、海底の地下に埋蔵されている石油や天然ガスなどのエネルギー資源の在り処を探し出したり、鉄やマンガン、希少金属なども含めた鉱物資源の分布とその生成過程を調査したりすることや、海底下の地質や地層構造を調べ、地震の発生メカニズムを明らかにし、防災対策などに生かすこと、そして、気象観測や海洋観測を行い、気候や地球環境の変化を捉え、分析・研究することです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年4月26日の社会記事
「F-35戦闘機捜索に投入の海底研究船「かいめい」とは 科学研究のための船をどう活用?」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    スパコン詐欺のジャムステックかいめいだろ?高出力レーダー搭載の、どさくさに紛れて破産で上場廃止ちきゅう号がまた活動し始めたらしいな?

    1
  • 匿名さん 通報

    音速プロファイルの異なる海域で近距離と遠距離(300km)での音圧レベルや受波パルスの形状調査で遠距離伝搬解析の結果、遊泳する歯鯨類には高緯度海域で受波信号が大きくなるとエアガン危険性が立証されたな?

    1
  • 匿名さん 通報

    今まで多大な予算国からつけておいて残骸見つけられなかったら恥だな?空自は海自にFCS3照射されたんだろ?度々だな?

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「環境省」のニュース

次に読みたい関連記事「環境省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュース

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「総務省」のニュース

次に読みたい関連記事「総務省」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。