海自P-1哨戒機を知り尽くす「FE」というお仕事 民間機では消えた役職がいまだあるワケ

「FE」は「フライトエンジニア」の略で、日本語では「航空機関士」あるいは「機上整備員」と呼ばれるポジションです。民間機におけるFEは姿を消して随分になりますが、海上自衛隊のP-1哨戒機においては、いまなお重要なポジションです。

民間旅客機などでは見なくなった「FE」というお仕事

 航空機を飛ばすにあたり欠かすことのできない搭乗員といえば、誰しもまずパイロットの存在を思い浮かべることでしょう。実際、現在の航空機は単座戦闘機などの軍用機を除けばほぼ100%、2名のパイロットが搭乗する「ツーマンクルー」という体制によって運航されています。

海自P-1哨戒機を知り尽くす「FE」というお仕事 民間機では消えた役職がいまだあるワケ

横井海曹長はこれまで搭乗した機体で、甲乙はつけがたいものの、機上でもトンカチが必要だったYS-11での経験が一番面白かったという(2018年12月6日、関 賢太郎撮影)。

 かつてはもう1名の搭乗員「航空機関士(FE)」が必要でしたが、コンピューターの発展などから2名のパイロットだけでの運航が可能になり、たとえば旅客機であるならば現在、ANA(全日空)にもJAL(日本航空)にもツーマンクルーではない飛行機は1機もありません。また主要な航空機メーカーも、あえて航空機関士を必要とする航空機を造っていません。

 ところが海上自衛隊に配備が進んでいるP-1哨戒機は、現在も生産中の新型機であるにもかかわらず、航空機関士に相当する「機上整備員(FE)」と呼ばれる搭乗員が必ず1名乗務しています。しかもP-1と同時に開発され機体の一部が共通化されている、航空自衛隊のC-2輸送機はツーマンクルーであるにも関わらずです。なぜ海上自衛隊では、ほかの航空機では見られなくなった機上整備員という搭乗員を、あえてP-1に残し続けているのでしょうか。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年6月9日の社会記事
「海自P-1哨戒機を知り尽くす「FE」というお仕事 民間機では消えた役職がいまだあるワケ」の みんなの反応 19
  • 匿名さん 通報

    別荘地徘徊するなよ住民への火器管制レーダー攻撃と不法侵入のアンパンマン女の海自?特定通常の女海自だろ?

    2
  • 匿名さん 通報

    筋の障害者雇用詐欺、虚偽有印公文書作成行使や横領やってそうなタイコ腹だな?中古ホンダ車両の気色悪い革マル豚糞ジジーだろ?

    2
  • 匿名さん 通報

    声が高い605アンパンマン女海自が伊東に上陸してるらしいな?

    2
  • 匿名さん 通報

    強制執行妨害するなよ革マル海保海自?革マル反原発労組弁護団と癒着してSAR人工衛星ASAT等の秘密保護法を逆手に取って住民へ完全犯罪してるらしいな?

    2
  • 匿名さん 通報

    相続人や抵当権者殺害するなよ革マル静弁要員ホンダ36-61?

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら