バスをグッと幅寄せできる「縁石」開発 「タイヤ当ててOK」乗降口の隙間ミリ単位に

バス停への設置を想定した新しいタイプの「縁石」が開発されました。バス乗降口と歩道部の隙間を小さくして、バスのバリアフリー化に貢献するもので、そもそもタイヤの一部を縁石に接触させることを前提としているそうです。

縁石の接地面に丸み

 新しいタイプの縁石「バス停バリアレス縁石」が、岡山市の後楽園前バス停に初めて導入され、2019年6月10日(月)から使用が開始されました。ブリヂストンが、横浜国立大学「交通と都市研究室」(中村文彦教授)、公益社団法人 日本交通計画協会、アドヴァンス(新潟市)と共同開発したものです。

バスをグッと幅寄せできる「縁石」開発 「タイヤ当ててOK」乗降口の隙間ミリ単位に

縁石にバスのタイヤを一部接触させて停車させるイメージ(画像:ブリヂストン)。

 この縁石は、側面を特殊な形状にすることで、バスの乗降口と停留所の隙間を小さくする「正着性」を向上させ、乗降のバリアフリー化に貢献するものだといいます。ブリヂストンに話を聞きました。

――どのような縁石なのでしょうか?

 縁石と地面に接する部分が直角ではなく、少し丸みを帯びた形になっており、バスのタイヤが縁石に接触してもタイヤへの影響が緩和されるようになっています。素材はコンクリートとセメントの混合物で、セメント量を多くして耐久性を向上させています。

 また、タイヤの接地面には、進行方向に沿って振動用突起と呼ばれる四角い溝が連続的に彫り込まれています。これは、バスをギリギリまで寄せられていることを、ドライバーへ振動で伝えるものです。縁石に車体をどれだけ寄せられているかという感覚が、ドライバーにとってはつかみづらく、それが恐怖心のもとにもなっていました。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月1日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。