震災被害の南相馬に東京行き高速バス復活 混乱期から「地元の足」支えたバス会社の軌跡

震災被害の南相馬に東京行き高速バス復活 混乱期から「地元の足」支えたバス会社の軌跡
拡大する(全2枚)

東日本大震災で大きな被害を受けた福島県南相馬市と、東京を結ぶ高速バスが運行を開始しました。震災直後の混乱期から地元の足を支えた新興のバス会社が、満を持して打ち出す路線です。現地は復興が進み、新ステージを迎えつつあります。

富岡町からは、東京直通2路線に

 福島県南相馬市のバス事業者、東北アクセスが2019年7月18日(木)、高速バス「南相馬・双葉ライナー」の運行を開始しました。JR常磐線の原ノ町駅前を起点に、南相馬市役所、南相馬バスターミナル(以上、南相馬市)、常磐富岡インター(富岡町)を経由して、東京駅鍛冶橋駐車場まで1往復(金・土・日の南相馬発と土・日・月の東京発は各1便増便)の運行です。

震災被害の南相馬に東京行き高速バス復活 混乱期から「地元の足...の画像はこちら >>

東北アクセスの南相馬~東京線に使われる車両。「相馬野馬追」のラッピングが施されている(画像:東北アクセス)。

 これに先立つ6月20日(木)には、新常磐交通(福島県いわき市)がいわき~東京線のうち2往復を常磐富岡インターまで延伸しました。2011(平成23)年3月の東日本大震災以降、東京へ直通する交通手段がなかった相双地区(福島県双葉郡、南相馬市、相馬市)で、高速バスの開業が続いています。

 相双地区は東日本大震災において津波や原子力災害により大きな被害を受け、JR常磐線も長期間不通となりました。帰還困難区域や避難指示解除準備区域が2019年7月現在も未だ残りますが、常磐線は順次運行を再開し、不通区間は残すところ浪江~富岡間のみとなるなど、復興も着実に進捗しています。


この記事の画像

「震災被害の南相馬に東京行き高速バス復活 混乱期から「地元の足」支えたバス会社の軌跡」の画像1 「震災被害の南相馬に東京行き高速バス復活 混乱期から「地元の足」支えたバス会社の軌跡」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク