1度きりのはずが好評で20年目! ANA「初日の出フライト」に乗る 五輪イヤーらしさも

ANAが20回目の「初日の出フライト」を開催。この年のチケットは約20分で完売したとのことです。機内から初日の出を実際に見てきたところ、普段見るものとは違いました。「五輪イヤー」らしいイベントも開催されています。

地上と機内から見る「初日の出」その違いとは

 ANA(全日空)が2020年1月1日(水)の明け方に「初日の出フライト」を実施。2001(平成13)年から始まったこのイベントは、今回で20回目の開催です。

 便名は新年にちなんだNH2020便。機種はボーイング787-8型機の国際線仕様機です(機番:JA803A)。夜明け前の5時半過ぎに羽田空港を出発し、三浦半島や伊豆半島、富士山上空、日本アルプスなどを通るルートを2時間ほど飛行します。

 この日、東京の天気は少し曇り気味だったそうですが、飛行機は雲の上に出るため、地上の天候に左右されることがなく、日の出を拝むことができます。

1度きりのはずが好評で20年目! ANA「初日の出フライト」に乗る 五輪イヤーらしさも

NH2020便から見た初日の出(2020年1月1日、乗りものニュース編集部撮影)。

 NH2020便の初日の出鑑賞ポイントは、長野県駒ヶ根市上空約4000m付近です。そのポイント付近で、機体の左右どちらの窓からでも日の出を見られるよう、何回か周回飛行します。

 なおこの日、上空の日の出は6時44分だったそうです。羽田空港がある東京都大田区の日の出は6時50分で、犬吠埼灯台(千葉県銚子市)は6時46分なので、それらよりも、少し早く日の出を鑑賞できます。これも高い所を飛ぶ飛行機ならではのメリットです。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「富士山 + 静岡空港」のおすすめ記事

「富士山 + 静岡空港」のおすすめ記事をもっと見る

「富士山 + 観光」のおすすめ記事

「富士山 + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月1日の社会記事

キーワード一覧

  1. 富士山 観光
  2. 富士山 静岡空港

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。