列車自動運転 普通に? JR九州が開発 既存線に低コスト導入可の自動運転システムとは

列車自動運転 普通に? JR九州が開発 既存線に低コスト導入可の自動運転システムとは

停止位置がどのくらいずれたかすぐわかるよう、ホームに設置された目盛り(2019年12月、恵 知仁撮影)。

 なお今回の走行試験は、先述した制度上の課題などから、「係員」ではなく「運転士」の乗務で行われています。

 JR九州は今後、この自動運転システムについて、2020年中に香椎線の営業列車で「運転士」乗務のうえで「走行試験」ではなく「実証運転」を開始し、その実現を目指す方針です。

 またJR九州の青柳俊彦社長は、この自動運転システムについて、ほかの鉄道会社でも実現できるモデルケースになるという考えを示しています。

「ATSデジタル九州」の路線で自動運転

 JR九州が開発しているこの自動列車運転システムは、数あるATSのうち機能が高い「ATS-DK」との組み合わせが前提です。JR九州の主要な路線で使われているATSで、そのため導入は、列車本数が比較的多い路線で広がるのかもしれません。

列車自動運転 普通に? JR九州が開発 既存線に低コスト導入可の自動運転システムとは

荒天時など、指令からの指示により徐行運転できる機能(切り替えスイッチ)も備えられている(2019年12月、恵 知仁撮影)。

 このATS-DKをベースにしたJR九州の自動運転システム、特徴は以下の通りです。

・車上にデータベースを搭載し、列車の絶対位置検知を行う。
・信号現示および線路条件に応じ、連続した速度照査パターンを常時発生。
・ATS速度照査パターンにそって、最高速度、制限速度を下回る速度での運転速度パターンを生成し、加速、減速、定位置停止を制御。
・フェイルセーフで信頼性のあるハードウェアによる制御。
・ATS速度照査パターンの下に、自動列車運転装置による速度照査パターンを発生(万が一の場合に、ATS速度照査パターンより先にいち早く非常ブレーキ操作が可能)。
・自動運転用の地上子増設および速度照査パターンにより信号冒進防止を機能強化。

 自動運転しない列車(その装置を持たない車両)も手動運転で、その導入路線を走れるのもポイント。ちなみに、「DK」は「デジタル九州」の意味だそうです。

あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。