潜水艦でも戦艦と撃ち合えた? かつて潜水艦も「巨砲搭載」だったワケ 30.5cm砲も

潜水艦でも戦艦と撃ち合えた? かつて潜水艦も「巨砲搭載」だったワケ 30.5cm砲も

軍事の世界も昔から費用対効果が重要なのは変わりません。20世紀初頭、潜水艦の主兵装は魚雷と艦砲でしたが、魚雷は1発が高価で搭載本数も少なかったため、艦砲も多く用いられ、最終的に戦艦並みの主砲を積んだ潜水艦が生まれました。

潜水艦搭載の魚雷は少数高価 コスパなら艦砲射撃

 いまや軍用潜水艦の主兵装は魚雷とミサイルですが、第2次世界大戦直後まで魚雷とともに潜水艦の主武装だったのが機銃や艦砲でした。機銃は航空機が台頭し潜水艦の天敵になってから装備するようになった武器であり、艦船攻撃用としては魚雷と、そして艦砲が用いられました。

潜水艦でも戦艦と撃ち合えた? かつて潜水艦も「巨砲搭載」だ...の画像はこちら >>

イギリスが建造した30.5cm砲搭載の潜水艦「M1」(画像:アメリカ海軍)。

 なぜ潜水艦なのに艦砲を装備したかというと、魚雷は搭載数が少なく、なおかつ第2次世界大戦までは、その国の最新技術の塊であり、精密兵器として高価だったからです。それでいて不発率、すなわち当たっても起爆しない確率が高く、搭載できる本数もそれほど多くありませんでした。そのため1発あたりが安く、多数の弾と装薬を艦内に積むことができ、兵器としての信頼性も高い艦砲が主武装として使われ続けたのです。

 その概念の究極形が、イギリス海軍のM級潜水艦でした。このクラスは第1次世界大戦終結前後の1918(大正7)年4月から1920(大正9)年7月のあいだに3隻就役しましたが、最大の特徴は前部甲板に装備した12インチ(30.5cm)砲です。


当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月10日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。