もしかしたら別機になっていたかも 初の攻撃ヘリAH-1「コブラ」 本命消失で主役に

もしかしたら別機になっていたかも 初の攻撃ヘリAH-1「コブラ」 本命消失で主役に
拡大する(全2枚)

アメリカが開発した本格的な攻撃ヘリコプターにはAH-1「コブラ」とAH-64「アパッチ」の2種類があります。しかし両者のあいだには試作で終わった機体がありました。本当はそれが本命でありAH-1は繋ぎの存在でした。

その後の本格的攻撃ヘリの概念を形作ったAH-1「コブラ」

 陸上自衛隊も運用するAH-1「コブラ」は、世界初の本格的攻撃ヘリコプターとして1960年代初頭、アメリカで生まれました。すでに誕生から半世紀以上経っていますが、当初はあくまでも本格的な攻撃ヘリの運用が軌道に乗るまでの中継ぎであり、ここまで長く使われることは考えられていませんでした。

もしかしたら別機になっていたかも 初の攻撃ヘリAH-1「コブ...の画像はこちら >>

陸上自衛隊のAH-1S「コブラ」(下)とAH-64D「アパッチ・ロングボウ」(上)(柘植優介撮影)。

 AH-1「コブラ」の開発元はベルで、試作機が1965(昭和40)年9月7日に初飛行しました。アメリカ陸軍に採用されると、当時、激戦が続いていたベトナム戦争に実戦投入され、その洗練された機体形状とともに注目を集めます。

 それまでの攻撃ヘリコプターは、汎用ヘリコプターや輸送ヘリコプターなどに武装を施した単なる改修型で、AH-1「コブラ」のように機体形状まで一新したものではありませんでした。

 AH-1「コブラ」は、高速化のため空気抵抗の減少を図り機体をスリム化し、ヘリコプターとして初めて操縦席のタンデム配置(前後にシートを設けること)を取り入れました。また、進行方向と関係なく撃てるよう旋回銃塔を搭載し、様々な武器を搭載できるよう機体側面に小翼を付けるなど、以降の攻撃専用ヘリコプターのグランドデザインを形作った機体でもあります。


この記事の画像

「もしかしたら別機になっていたかも 初の攻撃ヘリAH-1「コブラ」 本命消失で主役に」の画像1 「もしかしたら別機になっていたかも 初の攻撃ヘリAH-1「コブラ」 本命消失で主役に」の画像2

当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「陸上自衛隊」に関する記事

「陸上自衛隊」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「陸上自衛隊」の記事

次に読みたい「陸上自衛隊」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク