ボンネットバスにまさかのEV!? レトロさそのままに進化 目的はエコにあらず

       

ボンネットバスにまさかのEV!? レトロさそのままに進化 目的はエコにあらず

青い車体も導入(画像:イーグルバス)。

 まずサービス面では、排気ガスがなく停車中のアイドリングストップが不要なことから、エアコンが止まることもなくなるといいます。また、ギアの概念がない無段変速であるため、シフトチェンジにともなうショックもなし。「路線バスはこまめに停車と発進をくり返すため、ギア回りの負担が大きいのですが、それも軽減できます」と谷島社長は話します。

「ディーゼルのバスと比べて部品数が圧倒的に少ないですし、オイルなどもなくなります。バスの場合、故障の多くはオイルに絡むもので、オイルまみれになることが、整備士のなり手不足にもつながっています。電気バスになることで、根幹からいろいろ変わります」(イーグルバス 谷島社長)

 このように、電気ボンネットバスの導入は、トータルでの整備コスト削減を見込んだものだそう。また、将来的に自動運転となった際にも、EVのほうがそのシステムを取り入れやすいといい、導入の拡大も検討しているそうです。

 ちなみに値段は1台およそ5000万円ですが、これは、利用者から要望の多かった「PASMO」などの交通系ICカードに対応するための費用も含んだ価格だといいます。

当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月23日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。