鹿児島でオカヤドカリの産卵が最盛期 陸上生活なのにエラ呼吸?

鹿児島でオカヤドカリの産卵が最盛期 陸上生活なのにエラ呼吸?
拡大する(全4枚)

ヤドカリの仲間ながら、成体になるとほぼ陸上で生活をするオカヤドカリ。その生態もさることながら、人との関わりについてユニークな点の多い生き物だといえます。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

鹿児島でオカヤドカリの産卵が最盛期 陸上生活なのにエラ呼吸?...の画像はこちら >>

オカヤドカリの産卵が最盛期

鹿児島県奄美群島の中央に浮かぶ徳之島。この島のとある海岸で先月、国指定天然記念物のオカヤドカリの繁殖活動が盛んに見られました。

鹿児島でオカヤドカリの産卵が最盛期 陸上生活なのにエラ呼吸?
オカヤドカリ(提供:PhotoAC)

オカヤドカリの産卵は、毎年梅雨明けごろからスタートし、7月下旬ごろまで続きます。今年も、奄美地方の梅雨明けが発表された7月3日、メスのオカヤドカリが集団で夜の海を目指し、波打ち際で「ゾエア」と呼ばれる孵化直後の幼生を大量に放つ様子が見られました。

徳之島観光連盟事務局の担当者は「オニヤドカリは、よく問い合わせがある島の魅力の一つです。見守る気持ちを大切に観察してほしい」と話しています。(『命の海へ お母さんオカヤドカリ、真夜中の大行進 鹿児島・徳之島』南日本新聞 2021.7.8)

オカヤドカリとはどんな生き物か

オカヤドカリは大型のヤドカリの一種で、成体は陸上生活にほぼ完全に適応しており、ほとんどの時間を陸上で過ごします。ただ空気呼吸に順応しているというわけではなく、貝殻の中にごく少量の水を蓄え、陸上での鰓呼吸を可能としています。

鹿児島でオカヤドカリの産卵が最盛期 陸上生活なのにエラ呼吸?
カタツムリの殻に入ることも(提供:PhotoAC)

熱帯の気候に適応した生き物で、冬場に気温が下がる地域では生存できません。日本では奄美群島や沖縄などの南西諸島に主に生息しています。幼体が本州で発見されることもあるようですが、定着はできていないものと思われています。


この記事の画像

「鹿児島でオカヤドカリの産卵が最盛期 陸上生活なのにエラ呼吸?」の画像1 「鹿児島でオカヤドカリの産卵が最盛期 陸上生活なのにエラ呼吸?」の画像2 「鹿児島でオカヤドカリの産卵が最盛期 陸上生活なのにエラ呼吸?」の画像3 「鹿児島でオカヤドカリの産卵が最盛期 陸上生活なのにエラ呼吸?」の画像4

当時の記事を読む

TSURINEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「梅雨」に関する記事

「梅雨」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「梅雨」の記事

次に読みたい「梅雨」の記事をもっと見る

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク