Netflix、2019年の映画・番組制作費は1.6兆円にまで拡大

Netflix、2019年の映画・番組制作費は1.6兆円にまで拡大
       

Netflix、2019年の映画・番組制作費は1.6兆円にまで拡大の画像はこちら >>

Netflixは毎年かなりの額をコンテンツ制作に費やしており、予算は年を追うごとに増えています。2018年は、オリジナルのTV番組や映画、ドキュメンタリーの制作に120億ドル(約1.3兆円)を費やしており、2019年には150億ドル(約1.6兆円)まで拡大する見込みです。

同社の2018年度第4四半期の決算によれば、120.4億ドルをオリジナルコンテンツに投資しており、2017年に投資した89億ドル(約9731億円)から35%の伸びを見せました。ウォール街のアナリストによれば、2019年は25%増の150億ドルまで予算を拡大するとみられており、依然として現金を燃やし続けています。フリーキャッシュフローは、マイナス30億ドル(約3280億円)程度と見られており、この規模は昨年と同様の数字。なお、長期債務残高は、昨年末移転で104億ドル(約1.1兆円)でした。

150億ドルを使うことは、Netflixの加入者増に寄与するオリジナルコンテンツの充実を意味します。一部のアナリストは、この支出が今後数年すれば落ち着くと予想しているものの、2020年度には180億ドルまで増額するとも言われていあす。

Netflixがここまでオリジナルコンテンツに注力する理由はなにか…と言われれば、やはりストリーミングサービス間の競争でしょう。我々が知っているAmazonのPrimeVideoやHuluといったプレイヤーはもとより、Appleやディズニー、ワーナーなどが新たにストリーミングに参入すると言われています。「Netflixならでは」のコンテンツが、これらのサービス開始前にしっかり確立できるのか、注目したいところです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら

あわせて読みたい

Ubergizmo JAPANの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Netflix」に関する記事

「Netflix」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Netflix」の記事

次に読みたい「Netflix」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年1月23日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。